AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/25
  • GENROQ編集部

すでに完売しているマクラーレン600LTを自分好みにカスタマイズしてみよう

オンライン・コンフィギュレーターでクルマ造りを楽しめる

すでにオーナーがほとんど確定しているマクラーレン600LTだが、オンライン・コンフィギュレーターで自分好みの仕様を製作できる楽しみは残されている。

 マクラーレン600LTのボディカラーは28色から選べる。ミヤン・オレンジ、シケイン・グレイ、ルミネール・グリーンの3色は600LTのデビューにあわせて登場した新色だ。インテリアはアルカンターラ系が3種類、ナッパレザー系が3種類の合計6種類のテーマから選択可能という。
 
 チーフテストドライバーのケニー・ブラックはシシリアン・イエローのエクステリアに、全面にカーボン・ブラック・アルカンターラが貼られたインテリアを選択したという。さらにカーボンファイバー・アップグレードパックとMSO Clubsport Proパックを選び、走りの性能をさらに重視した。

 MSO Clubsport Pro にはカーボンファイバー製のルーフ、ルーバー付きフロント・フェンダー、超軽量レーシングシートが用意される。ケニーはさらに10スポークの超軽量アロイホイールのグロスブラックフィニッシュ、カーボンファイバー・エクステリア・アップグレード・パック3や、3台のカメラを備えたマクラーレン・トラック・テレメトリーを選択。ちなみに生粋のサーキットにフォーカスされた仕様のため、エアコン、ナビ、オーディオはあえて装備しないという。
 
 現役のレーシング・ドライバーであり、マクラーレンのブランド・アンバサダーでもあるブルーノ・セナは、ボディカラーにバートン・ブルーを、インテリアにケニーと同じカーボン・ブラック・アルカンターラを選択。さらに、ケニーと同じくカーボンファイバー・アップグレードパックとMSO Clubsport Proパックを組み合わせたそうだ。
 
 もはや、(そもそも?)購入はできないかもしれないが、オンライン・コンフィギュレーターで理想の一台を組み立ててはいかがだろうか?

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る