AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/25
  • GENROQ編集部

ジャガーのスポーツサルーン「XE」に新グレードを追加した2019年モデルが設定

コネクティビティ機能を全車に標準装備したほか、300psモデルも登場

300psのインジニウムターボを搭載する300 SPORT。
走りに定評あるスポーツサルーン、ジャガーXEの2019年モデルが登場した。300psを発揮するスポーツグレード追加やコネクティビティ機能の強化など魅力を大きく向上させている。

 ジャガーのDセグメント・スポーツサルーン「XE」の2019年モデルが10月25日より受注開始となった。2019年モデルのトピックは、限定グレード「LANDMARK EDITION」と新グレード「300 SPORT」の追加とスマホと連動するコネクティビティ機能を全グレードに標準装備したことだ。

高い質感が魅力のLANDMARK EDITION。

「LANDMARK EDITION」はフロントグリルやウィンドウサラウンド、サイドベント、ミラーキャッくなどエクステリアの随所にグロスブラックを採用したほか、室内にはパーフォレイテッドグレインレザーシートや「LANDMARK」ロゴを配した専用トレッドプレートと取り入れて質感を向上させた仕様となる。

300 SPORT

「300 SPORT」は自社開発の2.0L直列4気筒INGENIUMターボの最高出力を300psまで高めたスポーツモデルだ。外観ではフロントグリルサラウンドやウィンドウサラウンド、サイドベント&知るなどにダークサテングレーを採用したほか、室内にはスタイリッシュなイエローコントラストステッチを施した。

イエロー・コントラスト・ステッチが映える300 SPORTの室内。

 また2019年モデルは全グレードに「プロテクト」「リモートプレミアム」「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」など、近年需要が高まっているスマートフォンと連動するコネクティビティ機能を標準設定した。

 車両本体価格は534万円〜738万円。

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る