AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/22
  • GENROQ編集部

ベントレーと学生が未来の高級車を予測!

マテリアル・ヒューマニティ 自動化、電動化が進んでもエンジン付きのクルマを自分自身で運転することは真の贅沢として残る。人々は現在の高級機械式時計のように、機械的な仕組みを見たがるだろう、と予測。 Kate MamGoong(ケイト・ナムゴン)
芸術やデザインの分野で高い実績を持つイギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生がベントレーと共同研究を行った。2050年の英国のラグジュアリーがどうなっているか、というものだ。

 ベントレーがイギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)の学生たちと未来の英国のラグジュアリー(the future of British luxury)を予測する、という共同研修を行った。

これはRCAのインテリジェント・モビリティ・プログラムでデザインを学ぶ学生たちが、今後世界がますます仮想化、デジタル化していく中で、2050年の高級車がどのようになっているのかを予測、研究するというもので、ベントレー・デザイン・チームが共同研究としてカリキュラムの指導を行ったという。

エレガント・オートノミー(優雅な自動化) 運転手のいないクルマでは、優雅さや英国的な礼儀正しさが重要になる。それらが馬車の時代から現代の自動車までにどのような発達をしたのか、また自動運転化された世界でどのように発達し続けるけるかに注目。 Enuji Choi(エヌジ・チョイ)

 RCAの卒業生で、ベントレーのデザイン・ディレクターを務めるステファン・ジーラフはこう語った。

「私たちは、世界各地のデジタル・ネイティブの視点を使って、新しく面白い方向に我々を導く可能性のあるアイデアやコンセプトを探求しました。未来の自動車をデザインする人たちによって、このチャレンジの結果はとてもエキサイティングなものとなりました」

ストラトスフェリック・グランド・ツーリング(成層圏へ至る壮大な旅) ビジネスのための世界旅行はもはや人々の生活圏を制限しない、という想定で、成層圏への旅が現実のものとなる。ベントレーの100年に及ぶ技術革新の歴史にインスピレーションを得たもの。 ジャック・ワトソン(jack Watoson)

 24人の学生から提出された作品の中で、ベントレー・デザイン・チームに特に刺激を与えた作品は4つ。これらは「2050年の英国における贅沢が意味するものとは?」という問いに対する見事な回答だと言える。自動化や持続可能性が重要となっていく世界で、ラグジュアリーとは何を意味するのかを問いかける学術研究であった、とベントレーはコメントしている。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
adulttorrent.org/details/vaesark_chapter_1