AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/21
  • AnimeandManga編集部

マツダCX-3:なんてスタイリッシュなんだ!美しいものを手に入れた満足感あり。本質的にはドライバーズカーだ。

MAZDA CX-3の新しい1.8ℓディーゼル搭載モデルを世良耕太が試す

マツダCX-3 XD Lパッケージ:306万2080円
マツダCX-3は、そのスタイリッシュなボディスタイルで人気のコンパクトSUVだ。デビュー当時は1.5ℓディーゼル(SKYACTIV-D 1.5)搭載モデルだけだったが、その後、2.0ℓガソリン(SKYACTIV-G 2.0)搭載モデルが追加。ディーゼルは、1.5ℓから1.8ℓへ排気量をアップしている。今回は、ジャーナリストの世良耕太がD1.8搭載モデルを試した。
TEXT & PHOTO:世良耕太(SERA Kota)

 CX-5にしろCX-8にしろ、マツダのSUVに総じて言えることなのだけれど、「なんてスタイリッシュなんだ」と感心させられる瞬間がある。CX-3もそうだ。今回の試乗では、ソウルレッドクリスタルメタリックのボディに山の緑が映り込んだシーンに思わずでくわし、ハッとした。忘れかけていた美しさを再認識した瞬間で、クルマに乗り込むつもりだったのだが、しばらく立ち止まって鑑賞することにした。

 手に入れた人にとってみれば、この瞬間こそ「いい買い物をした」と感じる瞬間だろう。逆に言えば、美しいものを手に入れたいという欲求が先に立ってCX-3を選ぶのかもしれない。だが、美しいものを手に入れる欲求が先に立ってCX-3を選ぶと、移動の道具という実用品としてこのクルマと対峙した際に、ギャップに直面することになる。

 これもマツダのクルマに総じて言えることなのだけれども、CX-3も例外ではなく、運転を能動的に楽しむ人のための設計になっている。ソファに腰を下ろしてテレビでも見ようかと、軽い気持ちで腰を下ろしたつもりなのに、「いやいや、アナタはいまからエクササイズするのです」と一方的に宣告されるのに似た状況だ。くつろぐつもりだったのに運動を求められるのだから、「ちょっと違うかも」と感じるかもしれない。

 最初からエクササイズする道具としてCX-3を選んでいれば、ギャップに戸惑うことはない。立ち止まってでも眺めていたい気にさせる美しさを備えているから悪いのだ(ほめてます)。

 CX-3はエクササイズに適したクルマなので、運転中はひとりの世界に閉じこもるのが正解だ。というより、CX-3を運転していると、ドライビングに集中するあまり(クルマがそう仕向けるのだ)、ひとりの世界に閉じこもりたくなる。一応、車内の会話明瞭性に気を配った設計になってはいる(同価格帯の競合他車よりやや騒々しい気もするが、会話の邪魔をするほどではない)が、本質的にはドライバーズカーだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る