AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/18
  • AnimeandManga編集部 畑澤清志

軽バン3強入りしたホンダN-VANを陰で支えた、19年間耐え忍んだアクティ・バンの存在

中古車取材で見えてきた「脱ホンダ」の実態

発売1ヵ月後の2018年8月に即届いた「受注1万4000台突破!」という景気のいいニュースを追い風に、その後も順調に月間4000台ペースで届出台数を重ねているのがホンダのN-VANです。

その背景には、先代モデルであるアクティ・バンの存在も大きいと思われます。その理由は何といっても、そのモデルライフの長さです。アクティ・バンが登場したのは、軽自動車規格改定が行われた翌年の1999年。いまから19年も前のことです。装備内容の変更など軽微な改良はあったものの、大きく姿カタチを変えず売り続けられてきました。これは凄いことで、延べでいうなら累計20万台レベル、手放さず乗り続けているアクティブなユーザーがその半分だとしても10万人程度の顧客ベースがあると予想できます。

ただ、それらアクティ・バンのユーザーが待ってましたとばかりに一斉にN-VANに乗り換えている……のかと思いきや、中古車マーケットを見ると、どうやらそうではないようなのです。

アクティ・バンの中古車。20万円を切ってもそれなりにニーズがある。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る