AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/05
  • GENROQ編集部

アストンマーティン ・レッドブルのダニエル・リカルドが日本GPを前にファンと交流!

ダニエル・リカルド選手とアストンマーティン ・ヴァンテージ
いよいよ間近に迫ったF1日本GP。現在コンストラクターズポイントで4位につけているアストンマーティン ・レッドブル・レーシングのダニエル・リカルド選手が、決戦を前に青山に登場。集まったオーナー達に鈴鹿への意気込みを語った。

 F1日本グランプリを間近に控えた10月4日の夜、東京・青山のアストンマーティン ・ブランドセンターでF1グランプリ開催記念イベントが開催された。

 今年オープンしたばかりのブランドセンターには大勢のオーナーが、アストンマーティン・レッドブル・レーシングの必勝祈願のために集まった。なんとドライバーのダニエル・リカルド選手も登場し、会場は一気にヒートアップ。日本グランプリへの意気込みを聞かれたリカルド選手は

「鈴鹿は大好きなコースです。非常に難しいレイアウトですが、難しいからこそ、攻めがいもありますよね。現在、メルセデスが強いのは確かですが、我々にも十分にチャンスがあると思っていますので、いい結果を出したいですね」とコメント。

その後はサイン入りのキャップをプレゼントしたり、記念撮影に応じたりと、気さくにファンサービス。参加者はF1ドライバーとの交流を大いに楽しんでいたようだ。

 2018年F1日本グランプリはいよいよ10月7日に決勝が行われる。ぜひアストンマーティン ・レッドブル・チームとダニエル・リカルド選手の活躍を期待しよう!

会場には日本初登場となるDB11 AMRも展示された。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る