AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/02
  • AnimeandManga編集部

F1直系の技術を注ぎ込んだインフィニティ・プロジェクト・ブラックS、ついに登場!【パリモーターショー2018速報】

INFINITI Project Black S インフィニティQ60をベースにF1仕込みのデュアルハイブリッドを搭載

パリ・モーターショーの前夜、インフィニティはルノースポールF1チームとのコラボレーションによって生み出されされた「インフィニティ・プロジェクト・ブラックS」のランニングプロトを発表した。F1譲りのERS(Energy Recovery System)を搭載した新世代のモンスタークーペの登場だ。

 インフィニティ・プロジェクト・ブラックSの存在は、2017年のジュネーブ・モーターショーですでに発表されていた。今回、パリ・モーターショーのプレスデー前夜にパリ市内のヨットクラブで登場したのは、そのランニングプロトだ。
 ベースは、インフィニティQ60スポーツクーペ。3.0ℓV6ツインターボ(VR30)+7速ATのFRクーペである。
 インフィニティ・プロジェクト・ブラックSは、ルノースポールF1チームのテクニカルパートナーであるインフィニティがルノースポールF1チームとコラボレーションして開発したクルマだ。「プロジェクト・ブラックSは、エンジニアリングのテストベッド」ということだが、そこに注ぎ込まれたテクノロジーは、現代F1のハイブリッド技術そのものだ。

発表会場には、ルノーF1マシンも置かれていた。カラーリングは最新だが、マシンそのものは少し前のもの。パワーユニット部がカットされて内部の「MGU-KとMGU-H」が見えるようになっていた。

 3.0ℓV6エンジンのバンクそれぞれにMGU-H(モーター・ジェネレーター・ユニット ヒート)を備える。リヤのファイナルギヤ(デファレンシャル)には、MGU-K(モーター・ジェネレーター・ユニット キネティック)を搭載する。つまりインフィニティが言うところの「世界初のデュアルハイブリッドテクノロジー搭載モデル」というわけだ。

 現在、クルマは2台作られ、1台はパリ・モーターショーへ、もう一台はテストコースで開発に使われているという。開発は続けられているが発売については未定のようだ。

エンジンは、3.0ℓ60度V6ツインターボのVR30。左右バンクにMGU-Hを搭載している。撮影できなかったが、左バンクのMGU-Hは、上から視認できた。

INFINITI Project Black S Technical Specifications
パワートレーン
プロトタイプ 3.0ℓVR30ツインターボ デュアルハイブリッド
エンジン形式:60度V型6気筒
排気量:2997cc
ボア×ストローク:2997cc
最高出力:400hp(298kW)/6400rpm
最大トルク:475Nm/1600-5200rpm
燃料供給:筒内燃料直接噴射
ERS:MGU-K×1 MGU-H×2

MGU-K
形式:交流永久磁石同期モーター
最高出力:120kW

MGU-K
形式:交流永久磁石同期モーター、スプリットターボ
最高出力:30kW

バッテリー
形式:リチウムイオン電池
電圧:400V
電池容量:4.4kWh
出力:120kW

トータルパワートレーン出力
最高出力:571ps(420kW)
最大トルク:TBC

トランスミッション:7速AT

パフォーマンス
0-100km/h:4秒以内
最高速度:TBC
ブレーキ:F380mmカーボンセラミックドリルド&ベンチレーテッドローター R360mmカーボンセラミックドリルド&ベンチレーテッドローター
タイヤ:F 275/30R21 R295/30R21
車重:1775kg

中央に見える箱状のものがMGU-K。MGU-HモMGU-Kもこのクルマのために専用設計されたもの。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る