AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/01
  • レブスピード編集部

新型ジムニーを速攻パワーチェック 果たしてカタログ通りの馬力は出ているのか?

シャシーダイナモでの計測結果に大満足。だが、第1回目のオイル交換で驚愕の事実が!

クルーズのBOSCHローラー式シャシーダイナモに載せてパワーチェック
クルーズでは新型ジムニー(JB64)をデモカーとして導入。快速でカッコいいジムニーに仕上げていく予定とのこと。まずはノーマルの状態でパワーチェックを行った。
クルーズが購入したジムニーのグレードはXC(AT車)

レブスピードで好評連載中の「クルーズDaiちゃんのチューニングレポート」。毎月、札幌のチューニングショップ『クルーズ』における日々の作業模様を、番頭のDaiちゃんが伝えてくれている。

そして、クルーズでは新型ジムニー(JB64)をデモカーとして導入。快速でカッコいいジムニーに仕上げていく予定とのこと。まずはノーマルの状態でパワーチェックを行った。

納車翌日(!)に行ったパワーチェック。クルーズのBOSCHローラー式シャシーダイナモに載せて計測する。
その結果は、なんと! カタログ値である64ps+αという好結果をマーク。
これなら、吸排気系やCPUなど、これからのジムニー・チューニングの未来に期待が持てそうだ。

ただし、Daiちゃんは、気になる点も伝えている。それは、走行70kmの時点でのオイル交換でのこと。「精神的に純正オイルはいやなので」ということで、ロイヤルパープルのXPROW-20に交換しのだが……。
なんと、100kmも走っていないエンジンオイルが、びっくりするくらい鉄粉がギラギラ。新車から抜いたオイルで見たことがないくらいの鉄粉度合いだったそうだ。
Daiちゃんは「ジムニーを購入された方は、一度目のオイル交換は早めにされたほうがいいと思いますよ」とアドバイスする。

さて、このジムニーの脱ノーマル化の第一歩は、レイズの鍛造ホイールである TE37Xプログレッシブを装着。より締まったスタイリングになった。
そのお次は……、今後のクルーズのジムニーがどう仕上がっていくか? 注目していきたい。

■クルーズ 北海道札幌市西区発寒10条2-8-10 TEL011-664-1757 http://www.cruise-power.co.jp/

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る