AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/01
  • CAR STYLING編集部 松永 大演

パリのパレードラン会場に行ってみたら、これはもう感動の名車揃い!パリモーターショーが10月2日開幕!

開催120年に到達! 最古のパリモーターショーが10月2日開幕!

スタート会場となったのは、コンコルド広場。一部道路を封鎖してまでこのイベントのために場所を確保している。
パリモーターショーが10月2日から開催(プレスデー)となるが、120年記念としてその前に開催されたのが、パリ市内で行なわれたヒストリックカーを中心としたパレードラン。その半端ない歴史的雄姿の数々は、自動車というものの歴史の重さを感じさせた。ここではその模様をお送りする。

 パリモーターショー開催の1898年から120年記念となるのが今回のショー。特別イベントの皮切りとなるのが、歴史的名車によるパリ市内のパレードランだ。

  起点となるのは、コンコルド広場。ここはシャンゼリゼ通りの東端。また、FIA本部を望む地点でもあり、悲劇の歴史とは別に、自動車とはゆかりのある場所でもある。隣接する道路の一部も封鎖して広い敷地を確保しているのだが、ここは渋滞の有名な場所でもあるので日曜の午前から昼過ぎまで確保できているのは、ちょっと驚きでもある。

 集められたのは230台以上。年代を超えて代表的なフランス車を中心に、イタリア車、イギリス車、アメリカ車など、そのバリエーションは豊富。
 
 世界最古のモーターショーである、パリサロンの歴史を顧みるに十分な顔ぶれが揃ったと言えるだろう。

 

ルノー・プロジェクト900 (1959)。ミッドシップで室内空間、トランクスペースの確保を目指した。
プロジェクト900をサイドから見る。前と思う方が後ろ。1.7L V8エンジンを搭載。接着式オールアルミボディで重量はわずか1000kg程度。この情熱がエスパスを産んだと言って間違いない。
コンコルド広場には、FIAの事務所が隣接。屋上には特設ギャラリーも設置されていた。
ランチア・フルヴィア1300S (1972)。同時代のアルファロメオと比べると、エッジのきいたキャラクターや張りのある面の強調具合がわかる。当時、斬新に見えたことだろう。
ルノー8ゴルディーニ (1967)。RRセダンの雄。その美しくない武骨さが、また愛らしい。
ルノー・ドーフィン(手前)とルノー8(後)のポリスカー。これまた愛らしい。
シトロエンも勢ぞろい。ユニークなリヤビューに注目。
パレードを控えているのに、じっくりと間近で見られることが素晴らしい。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る