AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/01
  • HYPER REV編集部

FUJITSUBO入魂の新製品 “攻め”のエキゾーストシステム誕生!

車検対応はそのままに レーシングマシン直系の高性能をプラス!

FUJITSUBO製品の研究開発、生産を行っているのがこの裾野総合工場。広大な敷地に生産ラインと各種テストが行える施設が整っているのだ。

マフラーブランドの老舗“FUJITSUBO”。その幅広いラインアップとストリートユーザーにとって安心の車検対応スペックで多くのファンを獲得しているのはご存知のとおりだ。

そんなFUJITSUBOから待望の新ブランド「EXH Performance UNIT」が誕生するという情報をキャッチ。なんとその新製品はニュル24時間耐久やスーパー耐久マシンに提供してきたノウハウを注ぎ込み、パワー指向の強いスペックに仕上がっているというから見逃せない。

従来からのノーマルエンジンの性能を最大限引き出すことに大きなポイントを置いていたが、この新システムではスポーツ触媒とメインマフラーをセットで開発することでチューニングエンジンもバッチリ視野に納めているということ。車検対応スペックはそのままにパワー&フィールをグンとアップすることに成功しているのだ。

リリースは間もなくということなので、とっても楽しみ。その後には待望のエキマニも登場することが決定しているので、VABオーナーはFUJITSUBOから目が離せそうにない。

本来は部外者立ち入り禁止の開発部にお邪魔しちゃいました。奥のVAB(D型)に装着されていたのがEXH Performance UNIT、手前の白いデモカーに装着されていたのは音量を手元で……ヒミツ。
EXH Performance UNITは右側1本出しとすることで軽量化にも成功している。まさに攻めのシステムなのだ。
EXH Performance UNITは触媒(フロントパイプ)とメインマフラーのセット。触媒は何度も試作を重ね、浄化性能とヌケの良さの両立も成功したそうだ。
知る人ぞ知る逸品、マニア垂涎の『FUJITSUBOマフラー』でございます。寒い季節には大いに役立つ高性能を誇っていますが、残念ながらすでに完売とのことでした(笑)。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
У нашей организации нужный веб портал про направление настольные наборы для офиса.
expert option

http://prosto-pereezd.com.ua