AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/29
  • AnimeandManga編集部

これがやっぱり大本命? BMW3シリーズ・ツーリングのディーゼルは自動車メディア業界のプリウスか?

次期型がパリサロンで発表間近! 旧型になりかけの現行型3シリーズのディーゼル・ステーションワゴンモデルに試乗

BMW320d Touring Luxury
ついにパリ・モーターショーで次期型7代目の登場が宣言された3シリーズ。もちろんセダンから登場し、遅れてワゴンというのが常道だから、現時点ではツーリングはまだ現行型のワゴンである。そのワゴンのディーゼルモデルに試乗した。

 自動車メディアにいると年間に100〜200台を取材するのはザラである。だから、そんな経験豊富な人間たちが選ぶクルマというのは、吟味に吟味を重ねた結果に他ならない。最終的には極端な好みが反映されたり、普段の自分の取材領域では乗れないものだったり、はたまた経済的な理由からそのクルマを選んでいたりするのだが、可能なら仕事にも実利があって、かつ自分も満足出来るモノに乗りたい。
 
 そういう点で自動車メディア関係者が多く乗るのがBMW320dツーリングである。積載容量からワゴンを選ぶカメラマンは多いが、年間に走る距離も半端ではない彼らにとって、燃費や高速走行時の安定性も重要な要素なのである。もちろんカメラマンだけが320dツーリングを選んでいるわけではなく、自動車メディア界隈での320dツーリング遭遇率は結構高い。

 そこで、次期型の3シリーズ登場間近ということは、程なくしてワゴンたるツーリングも登場しようかというこのタイミングだが、今ならディーラーで有利に購入できるかもしれないという、期待も込めてあらためて320dツーリングに試乗してみた。
 
 あらためて驚かされたのがその圧倒的な燃費性能である。2.0ℓ直4ディーゼルターボは、渋滞の都市部をウロウロしていたら、もちろん10km/ℓ程度のありきたりな燃費になるが、ちょっと流れている高速にでも乗ろうモノなら20km/ℓは堅い。

 しかも運転が楽しい。17インチランフラットタイヤは、やや硬さが残るものの、街乗りではすばやく正確なシフトスケジュールも相まって快適だ。最大トルク400Nmというトルキーな性能はいかにもディーゼルエンジンだが、レスポンスも良く、BMWのガソリンエンジンにも通じるスムーズさをもって、よく回るのである。もちろん、信号でアイドルストップしなければ多少ゴロゴロとディーゼルらしい音は聞こえるが。
 
 試しに8速ATをマニュアルモードにして、レブリミッターにあたるところまで試したところ、5000rpmまで回って自動的にシフトアップした。レッドゾーンは5700rpmだが、他ブランドのディーゼルモデルはほとんど4000rpm台でシフトすることを考えれば、さすが社名にエンジンメーカーを名乗るだけのことはある。
 

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る