AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/29
  • 「東新宿交通取締情報局」

パトカー台風襲来! レーダーパトカー34台(!)で一斉取り締まり! 岩手県警の「レーダーパトいるいる大作戦」とは?

北国にレーダー(レーザー)パトが多いわけ。

ツイッターで移動オービスによる取り締まりの模様を公開したり、ほぼ毎日、取り締まり予告をツイートしているやる気の岩手県警が、この9月27日から3日間、秋の交通安全運動に合わせ、所轄や交通機動隊に配備している34台のレーザーパトカーを総動員し、名付けて「レーダーパトいるいる作戦」という速度取り締まりを実施した!

レーダーパトは厳寒期の取り締まりに本領を発揮する!?

「YOMIURI ONLINE」によると、初日の27日は県北から県南の国道4号線に13台のレーパトを配置。取り締まりというよりも速度の抑止を目的としていたとか。
岩手県警公式ツイッターでは前日に実施を予告。それにしても「レーダーパトいるいる作戦」て、なんともおちゃめだ。

それにしても、県内に16の所轄署しか持たない岩手県警が34台ものレーダーパトを持っていたのか! と思ったら、3日間の累計台数が34台とのこと。いずれにしても、最低13台以上が配備されているということがこれで明らかになったというわけだ。

 確かに、乗車したままスピード取り締まりができるレーダーパトは、北海道と同様に平均気温の低い岩手県にはうってつけ。岩手県警は可搬式移動オービス(LSM-300)も所有しているが、冬期の厳寒の中では、移動オービスによる取り締まりは、あまりやらないハズ。それこそレーダーパトが本領を発揮する。相応の台数が配備されて当然とも言える。

 もちろん、岩手県だけではなく、北海道や青森県、秋田県にも相当数のレーダーパトが配備されている。レーダー探知機も効きにくく、これと言った対応策がないだけに、北へのドライブはレーダーやレーザーパトに注意! 

最新交通取り締まり情報はこちら!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る