AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/27
  • AnimeandManga編集部

トヨタがJR東日本とモビリティ連携の検討を開始

低炭素社会の実現に向けて、地域と協調し包括的な業務連携への基本合意を締結

トヨタと東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は9月27日、地球温暖化問題やエネルギーの多様化などに対応したサスティナブルな低炭素社会の実現に向けて、水素を活用する鉄道と自動車のモビリティ連携を軸とした包括的な業務連携の基本合意を締結した。

 この合意は、鉄道と自動車という代表的な陸上交通機関が連携し、両社の経営資源を融合させて水素を活用する取り組みを促進することで、低炭素社会への動きを加速させることにあるという。トヨタは自社開発した燃料電池技術による自動車やバスの開発、供給インフラ整備の支援に関わる経験・ネットワーク、JR東日本は鉄道事業や駅、駅周辺の開発に関わる技術・ノウハウ・経営資源を有しており、これらを持ち寄って、JR東日本社有地を活用した水素ステーション整備、地域交通におけるFCV・FCバスの導入、鉄道車両へのFC技術の応用など、水素活用を軸として幅広い領域において具体的な検討を進めて行く予定だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る