AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/27
  • AnimeandManga編集部

【ヤマハ】今流行りスクランブラー、SCR950が都会に気持ちいい!

鼓動を楽しみつつ自由に戯れる

その気になればかなりスポーティな走りも可能。ただしステップはすぐ擦ってしまうが。
SCR950は60年代に流行したスクランブラーのイメージが投影されたヤマハの個性派ネオクラシックモデルである。「毎日を冒険しよう」というキャッチフレーズのとおり、普段は都会を走り回りつつ、週末はツーリングがてらちょっとしたラフロードにも踏み込んでみる。そんな自由な走りが魅力だ。
REPORT●ケニー佐川(SAGAWA Kentaro) PHOTO●山家健一(YANBE Kenichi )

ヤマハ・SCR950 ABS ……1,060,560円

 SCR950は941㎤の空冷Vツインエンジンを搭載するクルーザー、BOLTをベースに往年のスクランブラーを彷彿させるネオクラシカルな外観が与えられたモデルだ。ヤマハの中ではXSR700/900などと同じスポーツヘリテイジと呼ばれるジャンルで、懐かしさの中に新しい感性が織り込まれているのが特徴。SCRとはスクランブラーの略である。ちなみにスクランブラーとは、元々はオンロードバイクで荒地を走るために改造されたマシンのことで、最近のネオクラブームの中で人気が高まりつつある。

アメリカンベースの土系という変わり種

 見た目的には、ゼッケンプレート風サイドカバーや小ぶりなタンクなどがアメリカで人気のダートトラッカーを思わせなくもない。ベースはいわゆる“アメリカン”(かつて日本ではクルーザーモデルをそう呼んだ)のBOLTなのだが、高めのワイドハンドルにスリムなのフラットシートを装備しているため、跨ったときのライポジはオフロードバイクに近い感じ。視界が広くて気持ちいいし、ついスタンディングで乗りたくなる。ボディは大柄で車重も252kgと重めなのでジャンプやスライド走行は流石に厳しいが、オン&オフ用のブロックタイヤなので、砂利道やちょっとした林道ツーリングぐらいなら十分楽しめそうだ。

ぐっとくる骨太な空冷Vツインサウンド

都会でも絵になるレトロモダンなシルエット。高めのギヤで歯切れのよい鼓動を感じながら走るのが気持ちいい。

 エンジンがいい味を出している。古典的とも言える空冷Vツインは挟角60度のSOHCということで、ヘッドまわりもコンパクトでシンプルな作りだ。空冷ならではのフィンや剥き出しのエキパイなど昔ながらのバイクらしい外観がぐっとくる。パルス感たっぷりのVツインらしい骨太なサウンドに包まれながら走るのが気持ちいい。モダンなデザインの丸型デジタルメーターには回転計すら付いていないが、カタログ値では最大トルクは3000rpmとかなり低めの設定。エンジン回転数は抑え気味にしつつ、高めのギヤでドコドコ言わせながらベルトドライブの滑らかな走りを楽しむのが本流だろう。最高出力は54psとけっしてハイパワーな値ではないが、豊かな低速トルクを活かしたシグナルダッシュの力量感はやはりリッタークラスだ。

ワインディングでは意外な俊足ぶりも

 フロント19インチのスポークホイールと正立フォークによるハンドリングは大らかで牧歌的である。ただ、ベースとなったBOLTは元々かなりスポーティなクルーザーだったのに加え、SCRではリヤタイヤが17インチに大径化(ボルトは16インチ)されたことで、さらに走りに磨きがかかった。リヤタイヤが細め(140サイズ)なので、重量級にしては倒し込みが軽快かつ接地感が分かりやすいのもメリット。こうした素の良さを持っていることもあり、その気になればワインディングでも他のスポーツモデルと同等のペースで走れてしまう俊足ぶりも披露する。前後シングルディスクの効きも穏やかで扱いやすく、ABSが装備されているのでウエット路面でも心強い。

 どこか懐かしいスタイルに味わいのある鼓動感。流行りの電子制御も付いていないが、逆にその単純さがいい。難しいことを考えずにただひたすら走るのが気持ちいい、バイクらしいバイクだ。

ディテール解説

軽量アルミリム&クロススポークホイールにセミブロックタイヤの組み合わせが土系っぽい雰囲気だ。
サブタンク付きのツインショックはプリロード調整機構を装備。ダンピングも最適化されるなどスポーティな走りを意識。
スリムなティアドロップ型タンクはよく見ると溶接面のないフランジレスタイプ。こうした細かなこだわりが嬉しい。
BOLT系の空冷60度V型2気筒SOHC4バルブ941cc。剥き出しのエキパイや大型のエアクリボックスなど存在感があるエンジンだ。
ポップなグラフィックのゼッケンプレート風サイドカバーがダートトラッカーを思わせる。
スリムなフラットシートは適度なコシ感があってまさにオフ車チック。ライポジの自由度も高い。
丸型メーターは中央に大きくスピードをデジタル表示。シンプルだが機能的で洗練されたデザインだ。
灯火類はサークル(円)をモチーフにしたデザインで統一。テールランプはLEDと現代的。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
เทรดเงิน