AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ホンダ > ヴェゼル > ホンダCR-Vの本当のライバルはホンダ・ヴェゼルかも|2年半ぶりにCR-Vが日本市場で復活 〜まずはガソリン車から〜
  • 2018/09/26
  • AnimeandManga編集部

ホンダCR-Vの本当のライバルはホンダ・ヴェゼルかも|2年半ぶりにCR-Vが日本市場で復活 〜まずはガソリン車から〜

スバル・フォレスター、日産X-TRAIL、マツダCX-5がライバルとして挙あげられるが、実は身内にも潜んでいた?

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
五代目CR-Vが、2年半ぶりに日本市場に戻ってきた。1.5ℓエンジン+VTECターボの組み合わせのガソリンモデルが2018年8月30日に登場。さらに、11月1日には、CR-V初となるハイブリッドモデルが発売される。というわけで、ディーラーへと現車確認に行ってきた。

CR-Vが復活の狼煙を挙げ、SUV戦国時代はさらに激しさを増す

展示車両はEX・Masterpiece(5人乗り)。EX・Masterpieceは、EXの装備にプラスして、ハンズフリーアクセスパワーテールゲート、本革シート&専用インテリアなどが装備される。価格差は、FF/5人乗りで約36万円。

 1995年に登場した初代CR-Vは、その前年にデビューしたトヨタRAV4とともに「ライトクロカン」と呼ばれて人気を博した日本的SUVの草分け的存在としてデビューした。

 2001年、2006年とモデルチェンジを行い、2011年に四代目が登場。その後、2016年のマイナーチェンジを受けることなく、後継のヴェゼルに吸収されるカタチで、日本市場から姿を消してしまった。

 2016年10月、北米を皮切りに五代目が登場。北米や中国に販売の軸足を移していった。2018年には欧州モデルが5代目に突入。途絶えていた日本だったが、同年8月30日、5代目CR-Vが復活登場となった。

 都内某所のディーラーに現車を確認しに行くと、展示車両群の中央にCR-Vが。イメージしていた、というよりイメージのベースにしたのが初代CR-Vだったので、率直に“雰囲気が違うな”とは思いつつも、単に自分が“浦島太郎”だけの話で、今時のSUVスタイルで“いいね!”と、いつものように一目惚れしてしまった。
 
 ただ、ちょっと“デカイ”かなと思いディーラーの担当者に聞いたところ、「北米の車格のまま日本に持ってきましたからね。なので、大きいですね。今日は展示車を用意できませんでしたが、7人乗りも設定していますのでそれも関係しているでしょうね。3列シートへの要望も強くあったもので……」。

3通りの使い方ができる、センターコンソールボックス。5.5インチのスマートフォンなどが置ける大型トレー付き。
ディーラー展示車両には、売り出したいものが提示してあるので、その内容を把握するのは容易。

運転席&ウェイパワーシート+ドライビングポジションシステムもアピールポイントだった。
ここに3列目シートが備わるのかと想像してみる。なお、トノカバーはタイプ別設定で、5人乗りに装備される。

CR-Vを吸収したモデルがこれからはCR-Vのライバルとなる!?

ヴェゼルは、2018年12月の一部改良にともない1ℓ直3ターボエンジン搭載車が出るとも言われている。さらに、そろそろ2019年には……、との憶測も。

 CR-Vの車両寸法は、全長×全幅×全高=4605×1855×1680 ※4WD車は1690(mm)。ライバルといわれる“スバル・フォレスター”“日産X-TRAIL”“マツダCX-5”のなかでは、全長、全高とも3番目だが、全幅は一番長かった。

 4車を比較してではなくCR-V単独を車外で見た際の感想になってしまうが、ペーパードライバーである身長160cmの同行者の目線からだと「大きくて運転するのが大変かも」というコメントが。やはり全幅は気になるところか。ただ、SUVの場合、アイポイントを高くとれるので、運転するのにそんな苦労することはないのではと思った。

 だが、そんなこと考えていたところ、「正直、訪問されるお客様の多くはCR-Vにあまり興味を示されないんですよね。この地域は割と狭い道が多くて、ボディが大きすぎると思われてしまっていて。そのせいか、CR-Vよりそちらにあるヴェゼル<全長×全幅×全高=4330×1770×1605(mm)>の方に目がいってしまわれるようです」と、前出の担当者。

 とはいえ、すべてのひとがCR-Vにまるっきり興味がないかというのではなく、11月1日発売のCR-V初のハイブリッドモデルを先行予約されて帰られる方もいるほど。復活登場のCR-Vは、やはり注目の的といったところだ。

 CR-Vのライバルは他車モデルだけでなく、振り向けばそこにもいたという感じか。ただ、これはとある地域の一ディーラーの”今”。他の地域のディーラーでは、また違った傾向をみせることだろう。

 と、そんな“生の話”をディーラーで聞かせてもらい、ニューモデルデビュー間もなしでもいろんなエピソードが生まれてくるものだと実感した。

 今回、試乗をすることはなくボディサイズによる印象を確認することはできなかったが、CR-Vをきっかけに、自動車に関する話もいろいろと聞けてとても有意義な時間を過ごすことができた。

Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb
Узнайте про авторитетный сайт про направление www.top-obzor.com.
top 10 sports movies

кломид