AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/25
  • OPTION編集部

最新ホイール名鑑 WedsSport TC105X

TC105Nの後継モデルとして、今年の東京オートサロンにも参考出品されていた『TC105X』。
ウェッズ鋳造ホイールのフラッグシップモデルだけあって、その後も細かなブラッシュアップが図られ、満を持して発売となったのだ。
                      PHOTO:堤晋一 REPORT:石井健之

コンセプトは、前モデル『TC105N』の10本スポークやNフレームというスポークデザインを継承しつつ、最先端の解析、鋳造、切削の技術によって、日本の工場でしか作れない究極の鋳造ホイールを作ること。解析技術の向上によって、削れる部分を削ぎ落とし、逆にリムのフランジ部などには肉を増すことで、従来モデルと同等の軽さを確保しつつ、剛性アップを果たした。また、ビッグキャリパー&ローターへの対応を図るために、リムプロファイルを円錐形状にするなど、現代のハイチューンドに合わせたアップデートが施されている。

鋳造時にスポークの側面に凸を付けるN FLAMEを継承しつつ、スポークの反対側は最新の切削技術であるサイドカットで軽量化を果たす。また、ホイールのセンター部分も強度を確保しながら、サイドカットと同じ切削技術を使って削り込むことで軽量化している。
リムの形状を見比べると、左側から右側へ行くにしたがってリムプロファイルが太くなっているのがわかる。この膨らみによってビッグキャリパー&ローターとのクリアランスが出来るというわけだ。もちろんこのリム部分は最新のAMF製法によって作られている。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る