AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/27
  • AnimeandManga編集部

三菱エクリプスクロスとトヨタC-HR。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

エクリプスクロスvsC-HR トランク比較

三菱・エクリプスクロス Gプラスパッケージ
SUVとひと口に言っても、実は様々なタイプがある。悪路走破性を徹底的に極めたモデルやスポーツカーさながらの運動性能を誇るモデル、都会的な街並みにも映えるモデルなどバリエーションは多彩だ。ここでは、とくに見た目にこだわったと謳う「三菱エクリプスクロス」と「トヨタC-HR」の実用性を探ってみよう。
トヨタ・C-HR G-T

 パジェロやアウトランダーそしてデリカD:5など、悪路に強いクルマを揃える三菱自動車が、18年3月に新たにラインナップに加えたのがエクリプスクロスだ。躍動感あふれるボディの内側には1.5Lターボを搭載し、長年培ってきた4WDシステム「S-AWC」を採用するなど、見た目を裏切らないアグレッシブな実力を誇る。

 ボディサイドを抉るようなラインや後端に掛けてなだらかに下がっていくルーフライン、そしてリヤドアハンドルを目立たせないような処理など、開発者自身が「実用性は割り切った」というほど見た目にこだわったC-HR。とはいえ、ハイブリッドやシャシーなどは実用車の鑑であるプリウスから継承している。ちなみに、1.2Lターボも用意する。

 まずは、全体のサイズ比較から。

三菱エクリプスクロス Gプラスパッケージ 全長×全幅×全高:4405×1805×1685mm ホイールベース:2670mm ミラーtoミラー:2170mm

ボディサイズを比較すると、C-HRよりは大きいところが特徴。クーベのようなデザイン性と実用的なパッケージングが絶妙にバランスされている。

三菱エクリプスクロス Gプラスパッケージ
全長×全幅×全高:4405×1805×1685mm
ホイールベース:2670mm
車重:1550kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
最高出力:150ps(110kW)/5500rpm
最大トルク:240Nm(24.5kgm)/2000-3000rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.4m
JC08モード燃費:14.0km/ℓ
車両本体価格:309万5280円

トヨタC-HR G-T 全長×全幅×全高:4360×1795×1565mm ホイールベース:2640mm ミラーtoミラー:2045mm

エクリプスクロスとの比較で際立つのは全高の低さ。空気抵抗を抑えて燃費を低減できる反面、室内高は低くなるため、流麗なデザインと後席や荷室の実用性はトレードオフとなる。

トヨタC-HR G-T
全長×全幅×全高:4360×1795×1565mm
ホイールベース:2640mm
車重:1470kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
最高出力:116ps(85kW)/5200-5600rpm
最大トルク:185Nm(18.9kgm)/1500-4000rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.2m
JC08モード燃費:15.4km/ℓ
車両本体価格:277万5600円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

三菱・エクリプスクロス Gプラスパッケージ 室内長×室内幅×室内高:1870×1490×1240mm

悪路走行時に車体の傾きがわかりやすい水平基調のダッシュボードを採用。三菱らしいこだわりが込められている一方、タッチパッドコントローラーやヘッドアップディスプレイなどの最新デバイスも多数採用し、所有欲を満たす先進感と実用性も備える。
リヤシート高:700mm 後席は足元のスペースが広い上、200mmのロングスライドと9段階のリクライニングが備わり、アレンジ性も高い。
フロントシート高:650〜710mm 前席は大きなサイドサポートを備えるスポーティな形状を採用。一部には本革シートもオプション設定される。

トヨタ・C-HR G-T 室内長×室内幅×室内高:1800×1455×1210mm

エクリプスクロスとは対照的に、曲線を用いた左右非対称のデザインを採用。全車に本革巻きステアリングホイールが標準装備され、全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールも備わるなど、上質感や先進性ではC-HRも負けていない。
リヤシート高:560mm 低重心設計のため頭上クリアランスは意外と広いが、後席膝前スペースはエクリプスクロスより狭い。
フロントシート高:570〜610mm 着圧を適度に分散して座り心地のよさを追求した設計。写真の表皮は上級ファブリックとブラウンの本革を組み合わせたコンビ仕様だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
viagraon.com

buy levitra online

viagra generico on-line