AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/13
  • 浜先秀彰

ケンウッドからディスプレイオーディオの新ラインナップ! DDX6190BT/DDX4190BT

オーディオソース&ビジュアルソースを楽しめる最新型ディスプレイオーディオ

ケンウッドがカーオーディオのラインアップを強化。2DINサイズのディスプレイオーディオに2モデルが新登場した。いずれも多彩なソースを楽しめ、クラストップレベルのエンタメ性を搭載。発売は10月上旬からとなる。
REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

ケンウッド DDX6190BT……オープン価格

■商品名:DDX6190BT
■ディスプレイ:7型WVGA
■パワーアンプ出力:50W×4
■主要AVソース:DVD/CD/USB/iPhone・iPod/Bluetooth/FM・AM

ケンウッド DDX4190BT……オープン価格

■商品名:DDX4190BT
■ディスプレイ:6.2型WVGA
■パワーアンプ出力:50W×4
■主要AVソース:DVD/CD/USB/iPhone・iPod/Bluetooth/FM・AM

 オーディオソースだけでなくビジュアルソースも楽しめるとあって人気上昇中なのがディスプレイオーディオだが、今回ケンウッドから「DDX6190BT」、「DDX4190BT」が新登場。どちらも2DINサイズで多くの国産車に取り付けが可能だ。
 2モデルの基本性能は共通。対応するメディアはDVDビデオ、CD、USB、iPhone/iPod、Bluetooth、FM/AMラジオなどで、日常利用するソースのほとんどをカバーしている。また、スマホとの親和性にも優れており、Bluetoothでワイヤレスの音楽再生やハンズフリー通話が可能。4000万曲以上の音楽を楽しめるストリーミングサービス「Spotify」にも対応している。USB 1.5A出力を備え、スマホを利用しながらの高速充電ができるのも便利だ。
 「DDX6190BT」のフロントパネルは7型WVGAディスプレイを搭載し、7段階の角度調整や3万2767色のバリアブルカラーイルミネーションを装備。「DDX4190BT」は6.2型WVGAディスプレイ搭載の固定式フロントパネルを採用している。どちらもクリア抵抗膜パネルと高輝度ホワイトLEDバックライトによってDVD映像や楽曲データを鮮明に美しく表示。各種の設定操作もタッチパネルコントロールで快適だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る