AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/17
  • AnimeandManga編集部

ソリオバンディットとフリードスパイク。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ソリオバンディットvsフリードスパイク トランク比較

スズキ・ソリオバンディット ハイブリッドMV
後席にスライドドアを持つコンパクトでちょっと背高いワゴンが、スズキ・ソリオバンディットとホンダ・フリードスパイク。高いスペース効率と前後席のウォークスルーが可能なのも両モデルの特徴だ。扱いやすくて「使える」コンパクト2モデル。そのパッケージングとトランクスペースを比べてみよう。
ホンダ・フリードスパイク ハイブリッドジャストセレクション

 ソリオのルーツは初代ワゴンRのプラットフォームを活用し1997年に登場したワゴンRワイドにたどり着く。2代目ワゴンRの途中から「ワゴンRソリオ」となり、その後の一部改良時に「ソリオ」という車名が単体で使われるようになった。現行のソリオは、ソリオとして三代目。バンディットは、ソリオのフロント、テール、インテリアのデザインを変更した上級モデルという位置づけだ。パワートレーンは、1.2ℓ直4DOHC+マイルドハイブリッドだ。
 一方のフリードスパイクは、多彩な使い方可能な荷室が魅力のコンパクトハイトワゴン。1.5ℓ直4SOHC+IMA(インテクグレーテッド・モーターアシスト)のハイブリッドだ。
 まずは、全体のサイズ比較から。

ソリオバンディット ハイブリッドMV 全長×全幅×全高:3710×1625×1745mm ホイールベース:2480mm ミラーtoミラー:1940mm

全長は4mに満たず、フリードスパイクより短いにもかかわらず、フロントオーバーハングの短縮により、室内長はクラストップの2525mmを実現。前後乗員間隔も1080mmと広い。

ソリオバンディット ハイブリッドMV
全長×全幅×全高:3710×1625×1745mm
ホイールベース:2480mm
車重:950kg
エンジン:直列4気筒DOHC
最高出力:91ps(67kW)/6000rpm
最大トルク:180Nm(12.0kgm)/4400rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
最小回転半径:4.8m
JC08モード燃費:27.8km/ℓ
車両本体価格:182万5200円

フリードスパイク ハイブリッドジャストセレクション 全長×全幅×全高:4210×1695×1715mm ホイールベース:2740mm ミラーtoミラー:1990mm

低床を売りにするフリードスパイクは、荷室の開口高の低さも特徴のひとつ。自転車や重たくて嵩張る荷物の積み降ろしが楽に行なえる。室内幅の広さもソリオに対するアドバンテージだ。

フリードスパイク ハイブリッドジャストセレクション
全長×全幅×全高:4210×1695×1715mm
ホイールベース:2740mm
車重:1400kg
エンジン:直列4気筒SOHC
最高出力:88ps(65kW)/5400rpm
最大トルク:132Nm(13.5kgm)/4200rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
最小回転半径:5.2m
JC08モード燃費:21.6km/ℓ
車両本体価格:238万円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

ソリオバンディット ハイブリッドMV 室内長×室内幅×室内高:2515×1420×1360mm

エンジンルームの短縮に伴ってインパネのデザインとサイズを最適化。前席の膝前スペースを拡大し、足下の開放感も高まった。フルオートエアコンはハイブリッド車に標準装備、7インチメモリーナビと360度全方位モニターはオプション設定。
後席シート高:720mm ハイブリッド車には後席スライド&リクライニング機構とセンターアームレストを標準装備。リクライニング後傾角は従来の28度から最大56度へと拡大。
前席シート高:640mm バンディットはダークパープルのアクセントが入ったファブリックシートを採用。高さの調整量が拡大され、小柄なドライバーへの対応性も向上した。

フリードスパイク ハイブリッドジャストセレクション 室内長×室内幅×室内高:2025×1440×1265mm

時代を先取りしたインパネの造形美は、ソリオと比べても見劣りしない。だが、モデルチェンジが近いということもあり、エアコンがタッチパネル式ではないなど、最新のホンダ車と比べると旧さを感じるのも事実だ。ナビゲーションは販売店オプション。
後席シート高:740mm 残念ながら後席のスライドとリクライニングは非採用。荷室をフラットにできるダイブダウンは便利だが、居住性における自由度が低いのは否めない。
前席シート高:650mm 撮影車はパッケージオプションを備え、プライムスムースとスウェード調素材のコンビシートを装備。運転席ハイトアジャスターは全車に備わる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
generic cialis 20mg

levitra generico on-line

депозит в долларах