AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/07
  • レブスピード編集部 加茂 新

GRモーターオイルはなにが凄いの!?

トヨタが作った本気のスポーツオイル

 サーキットを走るときはもちろん、スポーティな走りをするときに気になるのはエンジンの保護。絶対に壊したくないのはレブスピード読者でもそうでない方でも同じだと思う。そこでわれわれにできる対策の筆頭は、良いエンジンオイルを入れること。

壊したくないのはみんな同じ
では、どうしたらいいのか

 保護性能の高い高級で高性能なオイルを入れればエンジンのダメージを未然に防ぐことができる。しかし、そこで問題になるのは価格。ガソリンとともに同じ石油製品のオイルも高騰の一途をたどっている。現在高性能オイルは1リッターあたり3500円以上であることが多い。なかには4000円や5000円を超えることもある。

ならば、安いオイルを頻繁に交換すればいい!?
それはまた目的が異なる。

 そんなに高いオイルを5000kmも使うなら、安いオイルを3000kmごとに交換したほうがいいのではという意見がよく出る。しかし、その意見は否定したい。なぜなら、高級で高性能なオイルにしか持ちえない性能というのがあるからだ。長く使って多少劣化したとしても、もともとリーズナブルなオイルは、性能のそれなりだということ。
 例外としてミッションでデフが新品でスラッジがたくさん出る状況のときには、とにかく安いオイルでいいので頻繁に交換したほうがいいと思うが。

 というわけで、そんなどんなオイルを使ったらいいか論争にひとつのピリオドを打ってしまいかねない存在が今回のこの「GRモーターオイル」だ。
 詳しい説明は9月26日発売のレブスピードに掲載されるので、そちらを御覧いただきたいが、3行で説明すれば、




●ニュル24時間耐久レースで開発
●0W-20の「Circuit」(3000円/1L)、0W-30の「Touring」(2000円/1L)の2種類
●トヨタが本気で出力アップと、200時間連続高負荷耐久試験で性能を確認
ということ。

0-100mで0.24秒も速くなったという社内データもあるという

 実際に86にトヨタ純正キャッスルオイルとGRモーターオイル「Circuit」を入れ比べて同条件でテストしたが、低回転から高回転までスルスルと加速がよくなっていることがわかる。抵抗が減ってスムーズになったように感じる。それ以上に、エンジン始動時のノイズなどが減少していることが聞いていてわかるレベルで変化する。

もちろん、これまでの市場にも同じように高性能なオイルはある。
ただ、オイルメーカーには大小様々なメーカーがあり、いろいろな狙いを持ったオイルがある。それらを的確に使い分けるのはじつは難しいことである。そのためにチューニングショップと呼ばれるお店では、いくつかのオイルを在庫して、クルマやユーザーの使い方に応じて、適切なものを提案してきたわけである。

今回はトヨタ自動車がGazoo Racingというブランドで、スポーティな使い方というターゲットに使い方を絞って、オイルの提案をしてきたわけである。しかも、価格はこれまでの高性能なオイルに比べるとリーズナブルだ。自動車メーカーが提案するスポーティなオイルは、困ったときは「コレ」という強力な立ち位置に登場したと言えるだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る