AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/31
  • ニューモデル速報 森本 太郎

CR-Vデビューで再注目! 3列シートSUV人気のきっかけを作ったマツダCX-8をおさらい。

3列シートSUVのムーヴメントが、じわじわときている。以前から、エクストレイル、アウトランダーなど3列シートをラインナップするSUVはあった(3列シート車の設定は、純エンジン車のみ)。ここに颯爽と現れたのがマツダCX-8である。その後、レクサスRXにも3列シート車が追加され、8月30日に発表されたばかりの新型CR−Vにも3列シート車がラインナップ! 3列7人が乗車できるSUVは、着々とその存在感を広げている。

REPORT●森本太郎(MORIMOTO Taro) PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)/神村 聖(KAMIMURA Tadashi)

 さて、本稿の主役であるCX-8について、少々、前段の話をしよう。マツダはこれまで、MPV、プレマシー、ビアンテなど、数々のミニバンをラインナップしてきたが、いずれも生産を終了。新型モデルを開発しないことを明らかにしてきた。マツダが目指す走りはスライドドア車では実現できないというのがその理由。エモーショナルなスタイリングにとことんこだわるマツダだから、箱型のミニバンでは新しいマツダ・デザインを表現できない、という想いもあっただろう。その一方、ミニバン市場が少しずつ減少していくなか、事実上の国内専用車となるミニバンカテゴリーで、トヨタ、ホンダ、日産と勝負していくのは得策ではない、という判断もあっただろう。プレマシーは良く走るミニバンだったし、MPVは歴史あるブランドで、もったいないと感じたものだったが、いま思うとその判断は間違っていなかったのかもしれない。

走りの良さ、扱いやすいサイズ、カラクリシートなどの優れたユーティリティから高い人気を誇ったプレマシー。ラフェスタハイウェイスターの名前で日産へのOEM供給も。
初代MPVの登場は1988年。90年デビューのエスティマ、94年デビューのオデッセイと比べても、古くからのミニバンブランドのひとつであったことが伺える。

 マツダは、ミニバン開発を止める決断をするとともに、3列シート車を求める人への受け皿として、CX-8を用意した。ミニバンのユーザーをそんなふうに都合良く誘導できるのかな? とも感じたものだが、当時のCX-8開発陣のみならず、新型CR-Vの開発関係者までもが、次のように語っている。「ミニバンの広さが必ずしも必要ではなくなった方、とくに女性や奥様方から“生活感のある箱型ミニバンはちょっと”という声が聞かれるのは事実です。3列シートSUVに需要があることは間違いありません」。SUVは現在人気ナンバーワンカテゴリーであり、そのバリエーションのひとつとして、3列シート車にいま注目が集まっているのは本当のようだ。ではなぜ、あらためてCX-8に注目なのか。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.fashioncarpet.com.ua

progressive.ua

квартирный переезд