AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/30
  • 遠藤正賢

プジョー3008/5008vsマツダCX-5/CX-8比較試乗…生まれも育ちも酷似した兄弟同士、だがトータルバランスと費用対効果ではCX-5が頭一つ抜けていた

3列7人乗り=室内は広いが走りは鈍重、とは限らない!

プジョー5008
プジョー3008と5008、マツダCX-5とCX-8、いずれも大衆車ブランドながら人目を引くデザインを備え、内外装と走りの質感が高く、コストパフォーマンスにも優れるCセグメントのクロスオーバーSUVである。そして5008は3008、CX-8はCX-5の3列ロングバージョン。さらに言えばプジョー、マツダともミニバンを廃止し、クロスオーバーSUVにMPV(多目的自動車)市場での生き残りに活路を見出したブランドでもある。そんな両ブランドの4台、ベストチョイスはどれだ?

 今回試乗したのは4台ともディーゼルエンジン搭載モデル。なお、3008と5008はFFしか設定がなく、CX-5とCX-8はFFと4WDから選択可能だが、マツダの2台はいずれも4WDで、グレードはCX-5が最上級の「XD Lパッケージ」、CX-8は中間グレード「XDプロアクティブ」の7人乗りベンチシート仕様だ。まずはボディサイズを、ショートバージョンの2台から比較すると、

プジョー3008 GTブルーHDi 全長×全幅×全高:4450×1860×1630mm ホイールベース:2675mm トレッド前/後:1580/1590mm 最低地上高:175mm


マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD) 全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm ホイールベース:2700mm トレッド前/後:1595/1595mm 最低地上高:210mm


 3008の方がCX-5よりも全体的にコンパクトな設計で、全長は105mm、ホイールベースは25mm短く、全高は60mm、最低地上高は35mm低い。全幅は3008が1860mmとなっているが、「GTブルーHDi」はワイドタイプのホイールアーチモールで20mm拡幅されているため、それ以外のグレードではCX-5と同じ1840mmとなっている。

 続いてロングバージョンの2台を比べてみると、

プジョー5008 GTブルーHDi 全長×全幅×全高:4640×1860×1650mm ホイールベース:2840mm トレッド前/後:1580/1585mm 最低地上高:170mm


マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD) 全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm ホイールベース:2930mm トレッド前/後:1595/1600mm 最低地上高:200mm


 寸法差はさらに広がっており、5008はCX-8に対し全長が260mm、ホイールベースが90mm短く、全高が80mm、最低地上高が30mm低い。全幅が20mm広くなっているのは3008と同じく「GTブルーHDi」グレード特有の事情だ。

 なお、3008に対し5008は、全長が190mm、ホイールベースが165mm長く、全高が20mm高く、最低地上高は5mm低い。

 CX-5に対しCX-8は、全長が355mm、ホイールベースが230mm長く、全高が40mm高く、最低地上高は10mm低くなっている。

 こうしたパッケージの違いは、居住性と走りにも明確に現れている。

 プジョーとマツダの各2台ともフロントドア以前の基本設計を共用しているため、プジョー同士、マツダ同士では運転席からの眺めはほぼ変わらない。だが、両ブランド同士で比較すると、インパネのデザインはマツダの2台が水平基調で開放感を重視しているのに対し、プジョーの2台はドライバーを取り囲んだ「i-Cockpit」で、非常に前衛的かつスポーティな装いとなっている。

プジョー3008の運転席まわり
マツダCX-5の運転席まわり

 またAピラーの傾斜も、マツダの2台とて決して起きている方ではない(約33°)のだが、プジョーの2台はさらに寝ており(約30°)、しかも全高が低い分だけヒップポイントも低い。

プジョー5008の運転席まわり
マツダCX-8の運転席まわり

 さらに言えばフロントシートも、プジョーの2台はサイドサポートが硬く大きいため、良く言えばセダンライクで、悪く言えば閉塞感が強い印象を受けた。

プジョー3008の1列目シート
マツダCX-8の1列目シート

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.steroid-pharm.com

alfaakb.com

alfaakb.com