AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/25
  • AnimeandManga編集部

アキュラNSXの2019年モデル登場!北米での価格は1750万円から。エンジンスペックは変わらず

シャシーのアップデートで鈴鹿サーキットのラップタイムが2秒も短縮

ホンダの海外向け高級ブランドであるアキュラは、アメリカ向けのNSXの2019年モデルの詳細を発表した。

 アキュラNSX(ホンダNSX)は、2017年のデビュー以来、グローバルで1900台以上が販売された。そのうち約1000 台がアメリカ国内にデリバリーされた、
 2019年モデルのNSXは、シャシーのアップデート、タイヤ、ソフトウェアのチューニング、エクステリアの小変更などが行なわれた。
 シャシーの変更点としては、フロント&リヤのスタビライザーバーがフロントで26%、リヤで19%強化された。リヤのトーリンクのブッシュが21%固められた。リヤのハブも6%剛性を高めている。その成果もあって、鈴鹿サーキットのタイムは2秒も短縮できたという。

NSXの2018年モデル。
2019年モデル

 外観の変更は、サーマルオレンジパールとインディゴブルーのボディカラーの設定。フルレッドインテリアがオプション設定されている。またフロントガーニッシュが、シルバーからボディ同色になった。カーボンファイバー製デッキリッドスポイラー、カーボンファイバーエクステリアパッケージ(フロントチンスポイラー、サイドシルガーニッシュ、リヤディフューザー)も用意されている。

 パワートレーンのスペックは、変更はない。

 2019年モデルの価格は、15万7500ドル(1748万2500円)からとなっている。18年モデルから1500ドル(16万6500円)の値上げ。しかし、4700ドル分(52万1700円)のオプション装備(4ウェイパワーシート、サテライトリンクナビ、プレミアムオーディオなど)が標準になっているので、実質的には値下げとも言える。プレミアムカラーのオプション代は、700ドル(7万7700円)。カーボンセラミックローターは9900ドル(109万8900円)。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
bestseller psychology books

Рутекс Керам Азаров

волянский петр борисович