AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/25
  • AUTOSPORT編集部

MotoGPイギリスGP初日:ドヴィツィオーゾが僅差でトップタイム。総合11番手の中上はQ2進出なるか?

 MotoGP第11戦イギリスGP、MotoGPクラスは、イギリスのシルバーストンサーキットで1日目の2回のフリー走行を行い、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が2分01秒385で初日総合トップに立った。

 MotoGPクラスのフリー走行1日目は午前中の1回目、午後の2回目共にドライコンディションで行なわれ、全ライダーが午後の2回目に初日のベストラップを記録した。

 1回目を3番手で終えていたドヴィツィオーゾは、2回目の開始12分過ぎに2分02秒298のファステストラップを記録する。しかし、直後にマルク・マルケス(ホンダ)が2分02秒228とファステストラップを更新、マルケスは終盤までリーダーボードのトップをキープする。

 セッション終盤の残り12分で2分02秒152を記録したバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)がトップに浮上するが、ドヴィツィオーゾは残り5分を切ったところで2分01秒385を記録し、トップで初日を終えた。

ホームのシルバーストンを攻めるカル・クラッチロー
ホームのシルバーストンを攻めるカル・クラッチロー

 総合2番手に2分01秒390でホームレースのカル・クラッチロー(ホンダ)が続き、1回目トップのマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)は2回目のセッション終盤に2分01秒446を記録して総合3番手に。マルケスもセッション終盤に2分01秒529を記録して総合4番手で初日を終えた。マルケスは1回目のセッションで16コーナーで転倒を喫した。

 総合5番手に2分01秒782でホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)、総合6番手に2分01秒819でジャック・ミラー(ドゥカティ)、総合7番手に2分01秒962でヨハン・ザルコ(ヤマハ)の順で続き、ロッシは終盤のアタックで自己ベストを更新できず、2分02秒152で総合8番手に。総合9番手に2分02秒231でアンドレア・イアンノーネ(スズキ)、総合10番手に2分02秒448でアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)が続いた。

 中上貴晶(ホンダ)はセッション終盤に2分02秒515をマークして総合11番手で初日を終了。ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)が2分02秒616で総合12番手、2回目のセッション中盤に12コーナーで転倒したティト・ラバット(ドゥカティ)は2分02秒704で総合13番手。フランコ・モルビデリ(ホンダ)が2分02秒759で総合14番手、ダニ・ペドロサ(ホンダ)が2分02秒864で総合15番手に続いた。

 以下、総合16番手に2分02秒938でアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)、総合17番手に2分02秒974でブラッドリー・スミス(KTM)、総合18番手に2分03秒293でハフィス・シャーリン(ヤマハ)、総合19番手に2分03秒591でアレックス・リンス(スズキ)、総合20番手に2分03秒810でスコット・レディング(アプリリア)、総合21番手に2分04秒178でトーマス・ルティ(ホンダ)、総合22番手に2分04秒223でチャビエル・シメオン(ドゥカティ)、総合23番手に2分04秒773でカレル・アブラハム(ドゥカティ)の順で続き、チェコGPで負ったケガのために欠場しているポル・エスパルガロ(KTM)の代役として参戦するロリス・バズ(KTM)は2分05秒212で総合24番手で初日を終えた。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
baden-medservice.ru/ginekologija-v-germanii/

stainless steel cooler