AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > メルセデス・ベンツ > ゲレンデヴァーゲン > 間もなく販売終了!? 従来型メルセデス・ベンツGクラスとジープ・ラングラーは「買い」か? その1・新旧パッケージング比較
  • 2018/08/17
  • 遠藤正賢

間もなく販売終了!? 従来型メルセデス・ベンツGクラスとジープ・ラングラーは「買い」か? その1・新旧パッケージング比較

新型のボディサイズ拡大が必ずしも室内・荷室空間の拡大にはつながっていない件

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
従来型メルセデス・ベンツG350d(右)、ジープ・ラングラー・アンリミテッド・スポーツ(左)
メルセデス・ベンツGクラスは新型の発表後も従来型が併売されているが、本国ではすでに生産を終了。ジープ・ラングラーも昨年末のロサンゼルス・オートショーで新型が発表されており、年内の日本上陸が確実視されている。このドイツとアメリカが世界に誇る本格オフローダー、果たして従来型が「買い」なのかどうかを検証する。まずは両車の新旧同士でパッケージングを比較する。
従来型メルセデス・ベンツG350dの四面図。数値は日本仕様のカタログ値
新型メルセデス・ベンツG550の四面図。数値は欧州仕様の参考値

 Gクラスのボディサイズを新旧比較すると、新型は従来型に対しスペアタイヤ込みの全長が53mm延長され4817mm、全幅が64mm拡幅され1931mmとなったものの、全高は変わらず1969mm。ホイールベースは40mm伸びて2890mmとなった。

新型メルセデス・ベンツGクラス

 なお、悪路走破性の指標となるスペックについては、

・登坂能力…適切な路面で最大100%
・前後アクスル間最低地上高…24.1cm(従来比+6mm)
・最大渡河水深…水中・泥中走行時70cm(従来比+10cm以上)
・安定傾斜角度…35°(従来比+7°)
・アプローチアングル…31°(従来比+1°)
・ランプブレークオーバーアングル…26°(従来比+1°)
・デパーチャーアングル…30°(従来比+1°)

となり、全方位的に強化されている。

新型ジープ・ラングラー・アンリミテッド

 対するジープ・ラングラーの4ドアモデル「アンリミテッド」は、北米仕様のスペックを見ると、従来型が全長(スペアタイヤ込み)×全幅×全高=4696.5×1872.9×1844.0mm、ホイールベースは2947.2mm。

 新型は全長(スペアタイヤ込み)×全幅×全高=4785.0×1875.0×1868.4mm、ホイールベースは3008.0mmと、従来型よりそれぞれ88.5×2.1×24.4mm、60.8mm大きいボディサイズになった。

 なお、悪路走破性の指標となるスペックについては、255/70R18タイヤ装着車同士で比較すると、

・最低地上高…254mm(従来比+8mm)
・アプローチアングル…41.8°(従来比+0.1°)
・ランプブレークオーバーアングル…21.0°(従来比+0.3°)
・デパーチャーアングル…36.1°(従来比+4°)

と、デパーチャーアングルを除けばその差は少ない。

従来型メルセデス・ベンツGクラスのサイドビュー
新型メルセデス・ベンツGクラスのサイドビュー

従来型ジープ・ラングラー・アンリミテッドのサイドビュー
新型ジープ・ラングラー・アンリミテッドのサイドビュー

 両車とも、全長およびホイールベースを拡大しつつ悪路走破性を向上させるため、最低地上高を従来型より高めており、新型ジープ・ラングラー・アンリミテッドでは254mmに達している。

 従来型でさえサイドステップを使ってなお「よっこらしょ」と掛け声をかけたくなるほど、身長176cmの筆者でも乗り降りは容易ではないが、新型ではそれがさらに困難なものとなっている可能性が高い。小柄な女性や子供、高齢者が乗る機会が多いならば、購入前に実車を確認することを強くオススメする。

従来型メルセデス・ベンツGクラスのリヤシート
従来型メルセデス・ベンツGクラスのフロントシート

新型メルセデス・ベンツGクラスのリヤシート
新型メルセデス・ベンツGクラスのフロントシート

 なお、室内および荷室についても、新旧のスペックが公表されている。Gクラスの場合は下記の通り、特に後席の居住性が改善された。

前席レッグルーム…+38mm
前席ショルダールーム…+38mm
前席エルボールーム…+68mm
後席レッグルーム…+150mm
後席ショルダールーム…+27mm

従来型メルセデス・ベンツGクラスのラゲッジスペース
新型メルセデス・ベンツGクラスのラゲッジスペース

 ただし後席格納時の荷室容量は、新型では後席格納時に大きな段差ができるようになったため、従来型の2250ℓに対し1941ℓへ縮小されている。3人以上での移動が多いのであれば間違いなく新型の方がオススメだが、ほぼ1~2人しか乗らずアウトドアスポーツやレジャーのため荷物を満載する機会が多いならば、むしろ従来型を今のうちに手に入れておきたい。

新型ジープ・ラングラー・アンリミテッドのインテリア

従来型ジープ・ラングラー・アンリミテッドのフロントシート

 ラングラーの場合はより多くのスペックが具体的に公表されており、その詳細は下記の通りとなっている。

前席ヘッドルーム…1036mm(従来比-12.4mm)
前席レッグルーム…1038mm(従来比-3.4mm)
前席ショルダールーム…1417mm(従来比+0.3mm)
前席ヒップルーム…1370mm(従来比+42.8mm)
前席シートトラベル…206mm(従来比-33.5mm)
前席空間容積…1.52㎥(従来比-0.03㎥)

従来型ジープ・ラングラー・アンリミテッドのリヤシート

後席ヘッドルーム…1023mm(従来比-2.4mm)
後席レッグルーム…974mm(従来比-67.4mm)
後席ニークリアランス…61.6mm(従来比0mm)
後席ショルダールーム…1417mm(従来比-3.9mm)
後席ヒップルーム…1440mm(従来比0mm)
後席空間容積…1.4㎥(従来比0㎥)

従来型ジープ・ラングラー・アンリミテッドのラゲッジスペース

荷室開口最大幅…1218.7mm(従来比-272.3mm)
荷室開口最小幅…1052mm(従来比+5.5mm)
荷室開口最大高…942.3mm(従来比0mm)
荷室開口最小高…907.8mm(従来比-32mm)
荷室ホイールハウストリム間幅…1143mm(従来比-7.6mm)
荷室容積(後席格納時)…2.05㎥(従来比+0.05㎥)
荷室容積(後席使用時)…0.89㎥(従来比0㎥)

 ラングラーは新型でのボディサイズ拡大が必ずしも室内・荷室空間の拡大につながっておらず、特にヘッドルームは前後席とも縮小されている。身長176cm・座高90cmの筆者にとって、従来型でも運転席は閉塞感が強く、後席はヘッド・ニークリアランスとも約15cm確保される一方で座面が短いのだが、新型ではこれらがむしろ悪化している可能性がある。身長180cm以上の大柄な男性は従来型を選ぶのが無難と言えそうだ。

Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb
покостовский гранит цена

переезд квартиры

лезниковский гранит купить