AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/08
  • AnimeandManga編集部

ホンダN-VANとN-BOX。新しい軽商用車とベストセラー軽、ラゲッジスペースはどのくらい違うのか?

Honda N-VAN vs N-BOX ラゲッジスペース&インテリア比較

ホンダN-VAN
ホンダが久しぶりに新規投入した軽商用バンがN-VANだ。バモス/アクティの後継車としてデビューしたN-VANは、FFの軽乗用車であるN-BOXと、もちろんベースは同じ。「軽貨物車」ならではメリットがあるN-VANとベストセラー軽のN-BOXで迷う人もいるだろう。ここでは、ラゲッジスペースと室内を比べてみる。

 外観はN-BOX、N-VANともに軽自動車枠いっぱいのディメンションで同じプラットフォームを使うため、もちろん似ている。一目で「ホンダのN」とわかるデザインだ。

ホンダN-BOX Custom 全長×全幅×全高:3395×1475×1790mm ホイールベース:2520mm ミラーtoミラー:1860mm

ホンダN-BOX Custom 価格◎194万9400円

ホンダN-VAN :STYLE COOL 全長×全幅×全高:3395×1475×1850mm ホイールベース:2520mm ミラーtoミラー:1860mm

+STYLE COOL・TURBO Honda Sensing 価格◎166万8600円 +STYLE COOLはラインアップ中唯一のロールーフ仕様だが、全高はFF車が1850mm、4WD車が1865mmとライバル勢の標準ルーフやN-BOXよりも高く、荷物の積載性に優れる。

ホンダN-BOX Custom

メーター類は、視認性の向上とナビとの視線移動を考慮し、ステアリングの上から見る方式に。ステアリングスイッチは右にホンダセンシング系、左にAV系が振り分けられる。ブロンズのパネルはカスタム専用。
リヤシート高:720mm 助手席のスーパースライドはもちろん、リヤシートのスライド量も豊富で使い勝手はとても良好。
フロントシート高:690mm ターボ車のシートは柔らかく手触りの良いプライムスムースをサイドに、メイン部分にトリコットを組み合わせた高品位なもの。

ホンダN-VAN :STYLE COOL

助手席前に大きな収納を備え、一部を除いて充電用USBポートも完備。「+STYLE」系はセンター部分にシルバー加飾が施され、硬質感が表現されている。コンパクトな3眼メーターは視認性が高く、Honda SENSING装着車は、右側にマルチインフォーメションディスプレイを備える。
リヤシート高:680mm +STYLE系は、後席に大型シートピローを装備する。
フロントシート高:730mm 一部を除いて上質なジャージー素材のシートを採用。足元スペースの広いFFレイアウトの利を生かし、理想的なペダルレイアウトを実現している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る