AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/07
  • AnimeandManga illustrated編集部 鈴木慎一

ディーゼルとガソリン やっぱりディーゼルの方がうるさいか? DS7クロスバックで計測してみた

DS7 CROSSBACKのガソリン/ディーゼル

手前がガソリン、奥がディーゼルエンジン搭載モデル。どちらもGrand Chic
デビューしたばかりのDS7 CROSSBACKのパワートレーンは、1.6ℓ直4ガソリンターボと2.0ℓ直4ディーゼルターボの2種類のエンジンとアイシン・エィ・ダブリュ製8速ATを組み合わせる。ガソリンとディーゼル、それぞれに得手不得手があるが、ここでは「音」だけ考えてみよう。

 DS7クロスバック、エンジンは1.6ℓ直4直噴ターボと2.0ℓ直4ディーゼルターボの2種類がある。ともに組み合わせるトランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製8速ATだ。
 ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの価格差は同じグレード(たとえばグランシックだと)で20万円ディーゼルの方が高い。
 ガソリンとディーゼルの特性上、出力はガソリンが、トルクはディーゼルが勝る。1.6ℓの直4ガソリンターボは、PSAとBMWが共同開発(主に開発はBMWが担当。PSAは購買で力を発揮したと言われている)したコードネーム『Prince』エンジンだ。DS7クロスバックが積むエンジンは、過給圧を上げた225psの仕様だ。
 一方のディーゼルは、2.0ℓ直4ディーゼルターボで、最大トルクは400Nmと大トルクが魅力だ。
 長距離を走る機会が多いユーザーはディーゼルを選ぶのがセオリーだが、ディーゼルには、「音と振動」という弱点がある。圧縮比が高く、高圧で燃料を噴くディーゼルにとっては、どうしても避けられないハードルだ。

ガソリンエンジンのPureTECH225のエンジンカバーを外したところ
エンジンカバーがあるとこう見える
エンジンカバーの裏は、こうなっている。ガソリン直噴エンジンの場合は、直噴インジェクターの噴射音対策が必要だからだ。

1.6ℓ直4ガソリン直噴ターボ
PureTECH225
形式:直列4気筒DOHCターボ
型式:PureTECH225
排気量:1598cc
ボア×ストローク:77.0×85.8mm
圧縮比:10.2
最高出力:225ps(165kW)/5500rpm
最大トルク:300Nm/1900rpm
燃料供給:筒内燃料直接噴射(DI)

2.0ℓ直4ディーゼルエンジンの2.0Blue-HDi。インジェクターはデルファイ製。こちらがカバーを外したところ。
カバーが付くとこう見える。
ディーゼルのエンジンカバーは、ガソリンのそれより、明らかにコストがかかっている。

2.0ℓ直4ディーゼルターボ
2.0Blue-HDi
形式:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
型式:2.0Blue-HDi
排気量:1997cc
ボア×ストローク:85.0×88.0mm
圧縮比:16.7
最高出力:177ps(130kW)/3750rpm
最大トルク:400Nm/2000pm
燃料供給:コモンレール式筒内燃料直接噴射(DI)

ガソリンエンジンの計測値
ディーゼルエンジンの計測値

 今回、試乗会でiPhoneのデジタル騒音計を使って計測してみた。
 計測の条件は、エンジンのオフ、エアコンの風量ゼロの状態で、センターコンソール上にiPhone7を置いて、計測開始。そこからイグニッションをONにしてエンジン始動。20秒間の音を計測した。数回計測した平均値ではないで、参考程度に見てほしい。

 計測結果がこちら。
 やはり、平均値でディーゼルの方が3dBほど室内騒音でベルが高い。3dBの違いは、誰でもわかるほどの差だ。とはいえ、DS7クロスバックのディーゼルがことさらうるさいか、といえば、それはノーだ。けっしてうるさくない。車両を停止しての計測(つまり、ガレージでのエンジン始動時のようなシチュエーション)だから、走り出してしまえば、ロードノイズや風切り音の方が支配的になる。
 ちなみに、マイカーであるBMW320i(ガソリン・2013年モデル)で同じ計測をしたら、ガソリンにもかかわらずDS7クロスバックのディーゼルより騒音レベルが高かった……。というわけで、新型DS7クロスバックのディーゼルは充分に静かだったのである。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る