AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/06
  • AnimeandManga編集部

スキなしの完成度、新型フォルツァを試乗! ライバルXMAXと比較も!【ホンダ・250cc】

最新250ccスクーター・ライバルインプレッション

ホンダから新型フォルツァが誕生。スタイリングと装備を一新し一気に現代的なフォルムとなった5代目フォルツァにさっそく試乗してみた。ガチライバルと目されるヤマハのXMAXとの比較も交えて、250ccスクーター最前線をレポートする。
REPORT●ケニー佐川(SAGAWA Kentaro) 
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)/ホンダ

ホンダ・フォルツァ……646,920円

大人が乗りたくなる上質さ

フォルツァSi

 新型フォルツァを最初に目にして思ったのは、それはスマートなカッコ良さ。50代の自分が乗りたくなる上質さを持っている。ボディデザインもエッジを際立たせた彫りの深い面構成となり、フェイスも引き締まった小顔に。点灯するとウイングマークのように浮き上がるLEDシグネチャーに目を奪われる。
 従来モデルのフォルツァSiもその当時の流行を追ったスポーティなスタイルではあったが、今こうして見るとやはり時代感というか、幾分やんちゃな雰囲気に見えてしまうのが不思議。シルエットも従来は低くて長いクルーザー的で、ライポジもシートに深く腰かける感じ。車格も大柄でそれなりに重かった。それが新型になり、10kgの軽量化とホイールベースで35mmも短くなり、逆にシートは高くなるなどライポジも大きく刷新されている。

高速コーナーも余裕の剛性感

 乗り味も大きく変わった。エンジンは吸排気系の見直しや各部のフリクション低減などにより若干パワーアップしているとのこと。スペック的には最大トルクで0.1kgmアップに留まるが、車体が軽くなったこともあり軽快感が増している。小気味よい鼓動感を伴ったサウンドもしっかりチューニングされ、加速もスムーズで力強い。80km/hまで一気に加速するパワー感はさすが250ccクラスだ。
 ハンドリングもよりスポーティかつ高速安定性も向上している。フレーム剛性の見直しと前後タイヤの15/14インチへと大径化により、試乗したテストコースの高速コーナーでも余裕の安心感。車体やサスペンションなどの足まわりにもカチッとした剛性感があるのだ。また、スラロームのように低速コースでも自然な操舵フィールで、タイトターンでもスクーターにありがちな切れ込みやヨレ感もなく、軽快なフットワークを楽しめた。
 電子制御も本格的で、ABSやトラコン、電動スクリーンやスマートキーなどの先進装備も充実。特に感動したのが電動スクリーンだ。無段階調整式で手元のボタンひとつで瞬時にフルアップ状態にできる。街乗り程度からでも整流効果を実感できて、風切り音などのノイズもカットしてくれるのでとても快適。フルフェイス2個が余裕で収まる大容量トランクスペースなども含め、スクーター本来の利便性とスポーツ性能がともに底上げされた完成度の高いモデルだと思う。

新型フォルツァとXMAX、スペックまで瓜二つ

 さて、多くのユーザーの関心事は「新型フォルツァとXMAX、どっちがいいの?」ということだろう。今回は同時に乗り比べてはいないので迂闊なことは言えないが、以前に試乗したXMAXの印象とデータから検証してみたい。

 ほぼ同時に登場した新世代250ccスクーターということで、奇しくもスタイリングからスペック、価格までも酷似している。細かく見ても、水冷4スト単気筒OHC4バルブのエンジンレイアウトや最高出力・最大トルク値も同一。120/70-15、140-70/14の前後タイヤサイズと前後ディスクブレーキ、そしてLEDヘッド&テールライト、前後ABSやトラクションコントロール、スマートキーを標準装備としている点まで一緒。さらにヘルメット2個+αが余裕で収まるシート下スペースや2連アナログメーターと多機能ディスプレイを組み合わせたコックピットのデザインまでよく似ている。

 まさに間違い探しのようで違いを見つけるほうが難しいのだが、目立って異なる点といえば、フォルツァには電動スクリーンが装備されミラーがカウルマウントであること。一方のXMAXはボルト固定式ながらスクリーンとハンドル位置を調整でき、ミラーはハンドルマウントとなっている。その他、燃料タンク容量はフォルツァが11ℓに対しXMAXは13ℓで、スペック的な燃費はほぼ同じことからフルタンクでの航続距離は単純計算でXMAXが有利ということになろうか。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
topobzor.info/telefony-i-smartfony-zopo-na-alijekspress-–-kak-vybrat-i-kupit/

amazon prime comedy movies

別れさせ屋