AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/02
  • AnimeandManga編集部

スタイリッシュCセグSUV比較 DS7クロスバック vs マツダCX-5 かっこよさの種類が違う?

マツダCX-5/DS7クロスバックのディーゼルエンジン搭載モデル比較

マツダCX-5
日本新登場のDS7クロスバックは、CセグメントのプレミアムSUVだ。都会的でおしゃれ。泥よりも摩天楼が似合うSUVだ。さて、そのDS7クロスバックと、デザインと走行性能で人気のマツダCX-5を比べてみる。
DS7クロスバック

 DS7クロスバックの想定ライバルは、たとえば、アウディQ3、ボルボXC40、ジャガーE-PACE、メルセデス・ベンツGLA、BMW X1といった、サイズ的にはCセグに属するいわゆる「プレミアムSUV」だ。だから、購入を考える際に、比較するのも、こういったモデルになるだろうが、本稿ではあえてマツダCX-5と比較してみる。

 サイズ的には、

DS7クロスバック
全長×全幅×全高:4590×1895×1635mm
ホイールベース:2730mm


マツダCX-5
全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm
ホイールベース:2700mm

 とほぼオーバーラップする。オフロードでの走破性とは無縁(だからFFモデルのみの展開)で、あくまでもおしゃれでゴージャスな「フランス」車であることに価値があるDS7クロスバックの方が、やや幅広く背が低い。とはいえ、魂動デザインのCX-5のスタイルも充分に都会的で美しい。

DS7クロスバック 全長×全幅×全高:4590×1895×1635mm ホイールベース:2730mm

マツダCX-5 全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm ホイールベース:2700mm

パワートレーンはともにディーゼルエンジン推し

 パワートレーンは、DS7クロスバックが1.6ℓガソリンターボ(225ps)と2.0ℓ直4ディーゼルの2種類のエンジンと、アイシン・エィ・ダブリュ製の8速ATを組み合わせる。CX-5も2.0ℓ直4ガソリン(NA)と2.2ℓ直4ディーゼルの2種類のエンジンに自社製6速ATを組み合わせる。

 比較するとしたら、ディーゼル同士、ということになるだろう。
マツダが誇るSKYACTIV-D2.2は、厳しい規制に尿素SCRを使わずにミートする優れもの。一方のDS7クロスバックの2.0ℓ直4も、ディーゼルで長い歴史を誇るPSAのエンジンだから、これも悪くない。
 出力で比較するとCX-5に分があるが、DS7クロスバックのトランスミッションは、横置き多段ATの秀作であるアイシン・エィ・ダブリュ製8速と組み合わせる。燃費は、JC08モードでDS7クロスバックが16.4km/ℓに対して、CX-5が18.0km/ℓ。CX-5は4WDモデルでこの数値を叩き出しているのだから、さすがSKYACTIVテクノロジーと言ったところだ。

DS7クロスバックの2.0ℓ直4ディーゼルターボ
マツダCX-5の2.2ℓ直4ディーゼルターボ

 しかし、DS7クロスバックの価値は、ハードウェアだけにあるわけではない。他車と似ていない、ドイツのプレミアムSUVとは違う、もちろん日本車とも違う、「個性」こそがDS7クロスバックを選ぶ最大のポイントだろう。
 イグニッションをONにするとクルッと回って現れるB.R.M製の時計やくるくるまわるヘッドライトなど、ギミック満載で、これをフランス車以外でやられると「おいおいやり過ぎだろ」となるところが、DSがやると、ピタッと決まるのが不思議だ。

DS7クロスバックのフロントグリル。なかなか美しい。
上級モデルのGrand Chicのインテリア
使いやすさよりもデザイン優先?な感じがフランス車っぽい。
こちらは、マツダCX-5のインテリア

 実際にDS7クロスバックとマツダCX-5で迷う人がいる……かどうかはわからないが、参考までにスペックを載せておきます。

DS DS7クロスバック So Chic(価格469万円)
全長×全幅×全高:4590×1895×1635mm
ホイールベース:2730mm
最小回転半径:5.4m
車重:1670kg
サスペンション:Fマファーソンストラット/Rマルチリンク
エンジン:2.0ℓ直列4気筒DOHCディーゼルターボ
最高出力:177ps(130kW)/3750rpm
最大トルク:400Nm/2000rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:FF
JC08モード燃費:16.4km/ℓ

マツダCX-5 XD Lパッケージ(価格352万6200円)
全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm
ホイールベース:2700mm
最小回転半径:5.5m
車重:1680kg
サスペンション:Fマクファーソンストラット/Rマルチリンク
エンジン:2.2ℓ直列4気筒DOHCディーゼルターボ
最高出力:190ps(140kW)/4500rpm
最大トルク:450Nm/2000rpm
トランスミッション:6速AT
駆動方式:フルタイム4WD
JC08モード燃費:18.0km/ℓ

だって、イグニッションをONにすると、こうやって時計が現れるんですよ、DS7は。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.pureshop.com.ua

biceps-ua.com/sportivnoe-pitanie.html

contemporary realistic fiction book