AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/01
  • GENROQ編集部

575ps最強レンジローバースポーツは英国通を唸らせる意外性ある1台だ!

ジャガーXJR575と同じエンジンを搭載するスーパーSUV

メルセデスAMG G63、ランボルギーニ・ウルス、ポルシェ・カイエン、ベントレー・ベンテイガなど超高出力のスーパーSUVは今まさに時代の寵児だ。実はレンジローバーブランドにもスーパーSUVと遜色ない実力の持ち主がラインナップされている。それがレンジローバースポーツSVRである。575psの最高出力を誇るSVRは、スーパーSUVを狙っている人にとって、意外な選択肢たりえる1台だろう。

 レンジローバー・ブランドの中で、走りを訴求したプレミアムスポーツSUVに位置づけられるのが「レンジローバースポーツ」だ。2018年モデルは285psを発生する3.0ℓディーゼル、340psあるいは380psのV型6気筒スーパーチャージャー、525psの5.0ℓV型8気筒スーパーチャージャー、6月予約開始となったPHEVモデルをラインナップし、プレミアムスポーツSUVの座をより確固たるものとしている。
 
 だがレンジローバースポーツのラインナップはこれだけではない。実はさらなる超弩級の性能を有したスーパーSUV「レンジローバースポーツSVR」(以下、SVR)というモデルが存在するのだ。

 SVRはジャガー・ランドローバーが誇るSVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)が設計と開発を手がけたスペシャルモデルで、搭載されるエンジンは575ps/700Nmを発生する5.0ℓ V型8気筒スーパーチャージャー。0→100km/h加速は4.5秒という俊足の持ち主だ。その性能はSUVとは思えない。
 
 エクステリアはカーボンファイバーコンポジットで仕立てられた専用ボンネットやアクティブスポーツエキゾーストが奢られる。また室内のシートは上質なウィンザーレザーを多用した軽量なパフォーマンスシートを採用。もちろん悪路走破性は他のグレードレンジローバースポーツと遜色ない実力を備えている。

 ちなみにSVRに搭載されるエンジンは、史上最速のジャガーXJである「XJR575」と同じものだ。

強力なホールド性を誇る軽量SVRパフォーマンスシートを専用装備する。ヘッドレストにはSVRロゴがエンボス加工で施される。

 先日デビューしたメルセデスAMG G63は585ps/800Nm、ベントレー・ベンテイガV8は550ps/770Nm、ランボルギーニ・ウルスは650ps/850Nm……これらのスペックをご覧いただければ、最近のプレミアムスポーツSUVがいかに高出力化の道を辿っていることがわかるだろう。その中で、知的なイメージの強いレンジローバースポーツSVRは、アンダーステートメント性を重視する向きにとって、他のスーパーSUVの中でもかなりイイ線を突いた選択肢となるに違いない。

SPECIFICATIONS
レンジローバースポーツSVR
■ボディサイズ:全長4880×全幅1985×全高1800㎜ ホイールベース:2920㎜ ■エンジン:V型8気筒DOHCスーパーチャージャー 総排気量:4999cc 最高出力:423kW(575ps)/6500rpm 最大トルク:700Nm(71.4㎏m)/3000〜5000rpm ■トランスミッション:8速AT ■駆動方式:AWD ■サスペンション形式:Fダブルウイッシュボーン Rマルチリンク ■ブレーキ:F&Rベンチレーテッドディスク ■車両本体価格:1681万円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る