AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/01
  • レブスピード編集部 加茂 新

すごいぞ、新型スイフトスポーツ!! 第4回:トルクウエイトレシオがやばい編!!

1.4cc+ターボのトルクはビックリレベル!!

1400cc 4気筒16バルブ+ターボで過給するK14C型ブースタージェット エンジン
140psは先代に比べてわずか4psの向上だ。しかし、注目はトルク。16.3kgmから23.4kgmと大幅にアップした。
車重をトルクで割ったトルクウェイトレシオは41.4kg/kgm。馴染みがない数値だが・・・。

クルマの性能を示すものとしてパワーウエイトレシオがある。
車重÷馬力の数値で、だいたいの運動性能を見極めようという値。
スイフトスポーツの場合、馬力は140psなので、じつは大したことがない。
でも、トルクがすごいのである。
そこでスズキでもトルクウェイトレシオをアピールポイントのひとつにしている。
代表的なスポーティカーとその数値を比べてみると、

<トルクウェイトレシオ一覧>
スバル WRX STI・・・35.6kg/kgm
日産 フェアレディ Z34・・・38.6kg/kgm
スズキ 新型スイフトスポーツ ZC33S・・・41.5kg/kgm
ホンダ S2000・・・56.0kg/kgm
トヨタ 86・・・58.9kg/kgm
スズキ スイフトスポーツ(先代) ZC32S・・・64.4kg/kgm
スズキ スイフトスポーツ(先々代)ZC31S・・・70.1kg/kgm

この数値を見てもらえばわかるだろう。
ZC33Sは、とんでもないマシンなのだ!!
しかも、純正タービンらしく、レスポンスはビンビンだぜっ、と雨上がりの夜空に向かって叫びたくなるくらいの好レスポンスなのも見逃せない。

そして、ターボだから、ターボだから、ターボだから、
ちょっといじるといっぱいパワーが出るのだ!!!

現状でECU書き換えで170ps/28.0kgmくらいまでの出力アップが可能になっている。
すでに純正ECU書き換えが可能になっている点もチューニングの観点から見逃せない。
12万円ほどで大幅なパワーアップが可能なのだ。

しかし、問題点もある。
直噴インジェクターの容量だ。
現在のところ、直噴インジェクターの交換用大容量モデルが存在しない。他車種流用も技術的に難しいという。
となると、噴射できるガソリンの量に限りがあり、理論上200psに届かないくらいが限界になるという。
ガソリンさえもっと入れられれば、ビックタービンの採用や、もっとブースト圧をあげるなどのチューニングも可能になる。

交換用直噴インジェクターの開発に期待だ!!

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る