AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/27
  • AnimeandManga編集部 鈴木慎一

新型スズキ・ジムニーのオフロード性能にたまげるの巻 ブレーキLSDトラクションコントロールにも驚く

新型ジムニー試乗記 from editor's room

大ヒットの兆しを見せている新型ジムニー/ジムニーシエラ。世界で認められる本格・小型4WDの、オフロード性能を試す機会を得た。果たして、その性能の高さに驚かされた。
TEXT&PHOTO◎鈴木慎一
じつにカッコいい!

 新型ジムニー/ジムニーシエラの実車を見たのは、山梨県朝霧高原で行なわれた試乗会の会場が初めてだった。写真で見てもカッコいいと思ったが、実物は写真以上にキリッとシャープな印象だ。高い走破性を誇る本格4WDの凄みも感じさせつつ、カラフルなボディカラーも似合う「軽」ならではかわいさもあって、「乗る前からかなり好印象」という、気持ち的に盛り上がった状態で試乗車に向かった。

 今回の試乗会では、ジムニーの走破性能を体感できるように、オフロード・コース(富士ヶ嶺オフロード)が設定されていた。当方、オフロードのドライブは、メディア向けの試乗コースで体験させていただく以外は、ほぼなし、というオフロード素人であることを最初に申し述べておく。

 試乗車は、ジムニーXCの5速MTである。

ブレーキLSDトラクションコントロールの仕組み。滑らかに違和感なく制御するための開発は難しかったという。その甲斐あって、特段スペシャルなテクニックなしに、高い脱出性能を手に入れることができた。

 最初に見せてもらったのは、新型で初めて装備された「ブレーキLSDトラクションコントロール」だ。
 ジムニーは、前輪と後輪を直結したパートタイム4WDであるのが、ウリ。その直結式パートタイム4WDも、左右輪どちらががぬかるみや岩場などで空転してしまったら、もう一方の車輪(接地している車輪)の駆動力も失われてしまう。それを避けるために、フロント/リヤデファレンシャルにLSD(リミテッドスリップデフ)を装着して駆動力を確保する方法はもちろんあるが、悪路でない場面での走りやメインテナンスに難があった。

 新型ジムニーは、「ブレーキLSDトラクションコントロール」を装備した。これは「4L」モードのときに作動するシステムで、ESC(電子制御ブレーキ:Electronic Stability Control=メーカーによってはESP、VDCなど呼び方が違う)を使って空転したタイヤにブレーキをかけることで、もう一方の写真の駆動力を確実に確保する仕掛けだ。しかも、エンジントルクを落とすことがないため、極めて高い脱出性能を実現する。

新型ジムニー オフロード試乗会その②
新型ジムニー オフロード試乗会その①

 実際のデモを見た。

 すごい! これ、すごい。
「先代では、こういう場面ではどうしていたんですか?」と聞くと、
「先代では、こういう場面は脱出できませんでした」という答だった。正確には、テクニシャンの4WD遣いだと、右足でアクセルとコントロールしながら左足でブレーキペダルを踏みながら脱出することできるそうだが、私のような4WD素人には無理な相談だ。

 これが新型ジムニーでは、いともやすやすとできるのだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
http://topobzor.info

action movies 2015