AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/20
  • 「東新宿交通取締情報局」

本気度120%? 首都東京についに新型移動オービスがお目見えだ!【交通取締情報】

予告なしで、いきなり出くわす恐れ大!

警察によると、「予告看板は出しません」とのこと。
7月12日、TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)等のメディアで、警視庁が生活道路での速度取り締まりに新型可搬式移動オービスを導入したことが報道された。昨年、警察庁が発表した整備計画(テスト導入)に入っていなかった東京都に導入されたということは、もはや試験運用などではなく、本格的に取り締まりに活用するということに他ならない。

「予告看板は出しません」って、レーダー探知機も効かないから困ったもんです!

 ニュースによると、導入されたのは東京航空計器製のLSM-300。レーダーではなく、レーザースキャンにより速度を測定する可搬式移動オービスだ。

 整備計画に入っていなかった都道府県では大分県に導入実績があるが、それだけに、試験運用を経てからの本格稼働ではなく、いきなり切符を切られそうな雰囲気がありありなのが不気味。主に生活道路を中心に取り締まるそうだ。ちなみに、警視庁によると、昨年までに整備された生活道路の代名詞、「ゾーン30」は約300カ所。とりあえず、近所のゾーン30エリアは警戒レベルを最大限に上げて走った方がよさそうだ。

 また、これも警察によるとだが、従来のネズミ捕りで時々、見かける「速度取締中」といった類いの予告看板は出さないと明言している。レーダー探知機が効かないということを考えても、これは、かなりの脅威だ。現時点では、国内には「レーザー波」を感知する探知機は存在していないということは先週の既報どおりだが、とにかく、移動or固定に関わらず、レーザー式の速度取り締まりに対してはドライバーは今のところ対処のしようがない。もちろん、危険を伴う著しいスピード違反はビシビシ取り締まって欲しいが、未だにその速度測定精度が公に証明されていないレーザー式だけに(レーダー式もだが)、相変わらず、誤測定によって不当に検挙される恐れが十分にあるということは認識しておこう。 

オービスの種類や最新交通取り締まり情報はこちら!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
book on success

good actions movies

historical mystery novels