AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/18
  • ニューモデル速報

マツダCX-3のメカニズムを徹底解説!

AnimeandManga.jp メカニズム詳密解説シリーズVol.10『MAZDA CX-3』

 ほかとはまったく異なるロングノーズのフォルムやディーゼルエンジンだけの設定とされたパワートレーン。
快進撃を続けるマツダが放つブランニューモデルは既存のコンパクト・クロスオーバーSUVとは一線を画しメカニズム面でも独自の道を突き進む。

フルスカイアクティブの採用

可能な限り直線で構成した骨格や、意のままの走りを実現したシャシーなど、マツダの新世代技術をフル投入。次世代のスタンダードを標榜する新小型車が誕生した。

当初はディーゼルのみ、後にガソリンも追加

CX-3に搭載されるエンジンは、新型デミオでデビューした1.5Lターボディーゼル。後に2.0Lガソリンも追加された。FF、4WDどちらにも6速ATに加えて、6速MTが選択できることもトピックのひとつだ。

運転に集中できるコクピット

アイポイント高を約1250㎜に設定し、ガードレールなどで景色が遮られにくいすっきりとした見晴らし性能を獲得。重心高は低めに抑え、優れた走行安定性も実現した。

都市部で扱いやすい絶妙のサイズ

コンパクトに引き締めたキャビンに魂動デザイン独特の長く流麗なフロントノーズを組み合わせ、既存のクロスオーバーとはまったく異なるフォルムを実現。全高は立体駐車場が使用可能な高さとしている。

インストゥルメントパネル

周囲を取り囲むような造形と高めのベルトラインで、適度な包まれ感を実現。ピラーまわりは抜けの良い視界と圧迫感のないトリム形状により、爽快な雰囲気を乗員に感じさせてくれる。

シートレイアウト

ヒップポイントをデミオより高め、乗降性はさらに改善。後席は着座位置を前席よりも25㎜ずつ内側に寄せ37㎜高く設定し、前方が見やすく対角線上の乗員同士が会話しやすいレイアウトだ。

ペダルレイアウト

前輪をより前方に配置することで得た足元スペースのゆとりを活かし、自然に足を伸ばした先に各ペダルを配置。アクセルは細かな操作が行ないやすいオルガン式のペダルを採用した。

後方視界

左の側・後方を走る車両のボンネットとキャビンの一部が見えるように、ベルトラインとCピラー前後位置を綿密に検証。クォーターウインドウの設定で並走車も視認しやすい。

シート構造

乗員に合わせてしなやかにたわませることで、優れたフィット感を実現。座面とシートバックには振動吸収ウレタンを採用し、不快感に繋がる動きを遮断して乗り心地を高めた。

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る