AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/30
  • AnimeandManga編集部

驚速タイム5分19秒55! ポルシェ919ハイブリッドEvoがニュルブルクリンク北コースで驚異の走り

ティモ・ベルンハルトが5分半ばのタイムを刻む

ポルシェ919ハイブリッドEvo
ル・マン24時間レースで2015年から3年連続優勝を果たした919ハイブリッド。その伝説的マシンをベースとする919ハイブリッドEvoが6月29日朝、ニュルブルクリンク北コースを5分19秒55で周回した。
ポルシェワークスドライバー、ティモ・ベルンハルト

 とてつもない記録を樹立したのはワークスドライバー、ティモ・ベルンハルト。2度のル・マン24時間レース総合優勝(2015年、17年)を果たし、昨年のFIA世界耐久選手権(WEC)でもドライバータイトルを獲得した有力ドライバーである。

 今回のタイムアタックによって、1983年5月28日にシュテファン・ベロフが956Cで樹立した伝説的な6分11秒13のラップタイムを35年間振りに更新した。もはや更新不可能と思われる、5分19秒というこのタイムもいつか更新される日が来るのだろうか?

 なお今後も919ハイブリッドEvoを使ったイベント「919トリビュートツアー」が実施予定という。グッドウッド・スピードフェスティバル(7月12〜15日)とブランズハッチのポルシェフェスティバル(9月2日)、さらにカリフォルニアのラグナ・セカで開催されるポルシェ レンシュポルト・リユニオン(9月26〜29日)で走行する予定だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る