MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/16
  • MotorFan編集部 大橋 俊哉

三菱『歴代デリカのすべて 連載第5回』D:5の「D」は「DELICA」の「D」!「5」は五代目の「5」!

50周年記念・三菱デリカの歴史を振り返る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年は三菱デリカ50周年のアニバーサリー。
その歴史を振り返るこの連載も、いよいよ現行モデルの五代目に到達。
今回はデリカに新たな歴史を刻んだ「D:5」を振り返る。

東京モーターショーでお披露目された次世代デリカの提案「MITSUBISHI Concept-D:5」

東京モーターショーで公開された次世代デリカのコンセプトモデル「Concept-D:5」。この年の三菱ブースには、他にランサーエボリューションのコンセプトモデル「Concept-X」も展示された。

 2005年10月に開催された第39回東京モーターショーの三菱ブースに2台のコンセプトカーが展示された。1台は後にランサーエボリューションXとして登場する「Concept-X」。そしてもう一台が“次世代のデリカ”として提案された「Concept-D:5」だ。「Concept-X」がランサーエボリューションXにかなり近い形であったのに対し、「Concept-D:5」はまだコンセプトモデル感が残る。

 いつでも、どこへでも行ける高機動と高機能を標榜する“新4WDモノボックス”が「Concept-D:5」のコンセプト。ミニバンに求められる上質な居住空間や機能性と、デリカの伝統である本格4WDシステムがもたらす卓越した走破性を兼ね備え、エクステリアでもタフさを表現することで“確かな安心”を具現化させたモデルだった。

 「Concept-D:5」はアウトランダーやギャランフォルティスが採用する三菱GSプラットフォームをベースにしており、コンセプトモデルながら、この時点でエンジンやトランスミッション、4WDシステムをアウトランダーで実績のあるものを搭載することがアナウンスされていたのも、外観以上に市販間近を印象付ける仕様であった。かくて、五代目デリカとなる「D:5」は、リリースされることになるのだが……。

MITSUBISHI Concept-D:5 主要諸元
全長:4735mm
全幅:1815mm
全高:1875mm
ホイールベース:2850mm
トレッド(F/R):1540 mm/1540mm
エンジン:4B12型 水冷直列4気筒 DOHC MIVEC
乗車定員:6名
最高出力:170ps
最大トルク:23.0kgm
トランスミッション:INVECS-III 6速スポーツモードCVT
タイヤサイズ:255/55R20
ホイールサイズ:20×8J

デリカ「D:5」待望のデビューは2007年!

 東京モーターショーで「Concept-D:5」が発表された2005年の時点で、四代目モデルである「デリカスペースギア」はデビューから10年以上が経過していた。他に類を見ない性能と独自の世界観が魅力であり、デリカ自体が比較的モデルライフの長い車種とはいえ、新型への移行を期待する声は小さくなかった。ただ、コンセプトモデルから市販へは少々時間を要することとなった。

 次に五代目デリカに関するアナウンスがあったのは、東京モーターショーから丁度1年後の2006年10月。「デリカD:5」の車名の発表だった。「D」は「DELICA」を、「5」は「五」代目デリカであることを示しており、ここにデリカは全く新しいサブネームを得ることになったのだ。

 年が明けて2007年1月12日に開催された東京オートサロンにおいて市販モデルが展示され、1月31日に正式に販売開始。当時の月販台数目標は2300台/月とされていた。

デリカD:5(2007)

パジェロからアウトランダーへ……三菱GSプラットフォームを採用し横置きFFレイアウトがベースに

 デリカD:5は“ミニバンの優しさ”と“SUVの力強さ”の融合が開発テーマ。キャブオーバータイプの優れた居住性と多才な積載性を備え、なおかつオフロードからオンロードまでどこまでも行ける機動性と信頼性も兼ね備えるオールラウンダーを目指している。

 これまでデリカといえばパジェロとコンポーネンツを共有していたが、デリカD:5は2005年にデビューしたミドルサイズSUV「アウトランダー」がベースとなった。プラットフォームはアウトランダーから採用が始まった新開発の三菱GSプラットフォームで、アウトランダーのほかにギャランフォルティス/ランサーエボリューションXにも採用されている。ちなみに、このプラットフォーム開発時、三菱はダイムラー・クライスラーと提携しており、三菱GSプラットフォームは両社の共同開発の産物だった。ただし、2005年の提携解消により、その後はそれぞれが改良して使用しており、三菱の最新モデルであるエクリプスクロスもこのプラットフォームの系譜である。

 このプラットフォームにより、全高とステップ高は四代目(デリカスペースギア)から大幅に低くなり、乗降性や取り回し性も向上している。それでいて、最低地上高は20mmも高められている(190mm→210mm ※4WD車)。スクエアなボディは、アプローチアングル23.5度、ディパーチャーアングル22.5度、ランプブレークオーバーアングル18.0度を確保し、ラフロードや凹凸の激しい路面での走破性も担保されている。

デリカD:5 グラウンドクリアランス
最低地上高:210mm
アプローチアングル:23.5度
ディパーチャーアングル:22.5度
ランプブレークオーバーアングル18.0度

環状骨格構造の「リブボーンフレーム」

 新開発となったボディは環状骨格構造を持つ「リブボーンフレーム」で、三菱のルーツである航空機がヒントになっているという。このフレームにより、自動車アセスメントの衝突安全性能試験総合評価では最高評価のシックススター(★★★★★★)を受けている。この新ボディと低くなった車高、トレッドのワイド化、フロントにマクファーソンストラット式、リヤにマルチリンク式を採用したサスペンションにより、操縦安定性と乗り心地に加え、旋回性能もデリカスペースギアから向上した。

マクファーソンストラット式コイルスプリングのフロントサスペンション。
リヤサスペンションはマルチリンク式コイルスプリングを採用。

当初は2.4リッターガソリンエンジン×4WDのみでスタート

4B12型2.4リッター直列4気筒DOHC16バルブMIVECエンジン

 2007年にデビューした際に用意されたドライブトレーンは、2359ccの排気量から170ps/23.0kgmを発揮する4B12型直列4気筒DOHC16バルブMIVEC を搭載した4WD車のみで、トランスミッションはINVECS-III 6速スポーツモード付きCVTのみという仕様だった。

スポーツモード付き6速CVTのINVECS-IIIを採用し、4WDのドライブドライブモードセレクターはダイヤル式。

 4WDシステムはアウトランダーで実績のある電子制御4WDを採用。走行状況に応じて前後輪へのトルク配分を適正にコントロールする。さらに燃費が良い「2WD」、前後の駆動力を自動で最適配分する「4WDオート」、トラクション性能を高める「4WDロック」という3つの走行モードを用意。ダイヤル式セレクターで走行中でも容易に切り替えることができるようになった。

 これは三菱が標榜する「AWC」すなわち「All Wheel Control」を体現するための重量なシステムと位置づけられる。この4WDシステムとASC(スタビリティコントロール機能)による最適な4輪駆動配分コントロール。ABS(EBDとブレーキアシスト)とASC(トラクションコントロール機能)による4輪スリップコントロール。そして、クルマの基本性能として与えられた高剛性ボディと大径タイヤ、ワイドトレッド、55対45の前後重量配分(空車時)による4輪接地荷重コントロール。これらが融合し、デリカD:5の「意のままの操縦性」と「卓越した安定性」を実現。類い稀なオールラウンド性能を誇るのである。
 

基本性能と車両統合制御がオールラウンドで高い走行性能を発揮する「AWC」。

三菱のイベントではおなじみの「4WD体感キット同乗体験」(スターキャンプ2017朝霧高原)

 一方で、機械式のローギアを備えたデリカスターワゴンやデリカスペースギアに比べてオフロード性能で劣るという見方もあるが、それでもデリカD:5以上の走破性をもつミニバンは皆無と言っても過言ではない。その走破性の高さは、三菱が様々なイベントで用意する「4WD体感キット同乗体験」で、デリカD:5がパジェロと同じハードな走行を見せることからも窺い知ることができる。

 何より驚くのがこの走破性がエンジン横置きのFFベースで作られていることだ。これまでデリカの4WDは二代目・三代目(スターワゴン)のキャブオーバーにしろ四代目(スペースギア)のフロントエンジンにしろ、FRベースであった。それが、D:5からはアウトランダーをベースにしてFF化したことはデリカ史上における大きな転換点だと言えるだろう。FF化に加えサスペンション形式の変更も、現代のミニバンに求められる室内空間や快適性を手に入れるためには必要なことだったのだ。それでいて、卓越した走破性をもたせたのは三菱の矜持とデリカの伝統を強く感じるものである。

これまでに比べ乗用車テイストが強くなった室内。ボディサイズ、特に全幅の拡幅以上に室内空間は広くなっている。
助手席用の姿勢保持ハンドルやダッシュボード上の追加メーターがなく、イメージが一新されたコックピット。
スクエアな室内空間は広くルーミーで開放感も高い。回転対座は無くなったが、シートアレンジは充実している。

「デリカ」は今買えるミニバンの中で最も長い歴史を持つ車名

日産NV200バネットのOEM車であるデリカバン「DX」(2017)

 1990年に登場したトヨタ・エスティマの存在は、日本自動車史上におけるひとつのエポックメインキングとなったというのはよく言われることである。エスティマの登場まで、多人数乗車の乗用車と言えば商用車ベースのキャブオーバーワンボックスワゴンが主流だったが、エスティマ以降は乗用ミニバンとワンボックスは明確に分化されていくことになる。

 商用版からの独立系では、今も人気のトヨタがタウンエース/ライトエースにノアのサブネームを加えたのが1996年。車種が独立したのが2001年で、同時にヴォクシーを設定。日産がバネットにラルゴを設定したのが1982年で、セレナを設定したのが1991年。ラルゴの独立が1993年で、セレナも1999年に独立してラルゴが統合されている。

 乗用車としての新規モデルだと、アルファードが2002年、ヴェルファイア2008年。オデッセイが1994年、ステップワゴンが1996年。となっている。

 こうして見ていくと、現在新車で買える“ミニバン”のなかでは1968年に誕生した「デリカ」の名前が最も古いことになる。それは、デリカ自体が五代目のD:5で商用車と決別したからに他ならない。ちなみに、商用デリカの系譜は日産NV200バネットのOEMながら今も続いている。尤も、二代目デリカも三代目デリカも未だ東南アジア方面で現地生産されていたりはするのだが……。

二代目デリカバン
三代目デリカバン

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る