AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/11
  • AnimeandManga編集部

ポルシェ初のEVはタイカン! ミッションEの正式名称が決定

ポルシェ初のEVとして注目されるミッションEの正式名称が「タイカン」に決定

ポルシェ・タイカン
ポルシェ初のEVとして注目されるミッションEの正式名称が「タイカン」に決定した。ポルシェの新時代を切り拓くニューモデルの登場は来年に迫っている。

 ポルシェ初の純EVとなるコンセプトモデル、ミッションEの名前がタイカン(Taycan)に決定したことが、ポルシェスポーツカー70周年のセレモニーでサプライズ発表された。タイカンは生気あふれる若馬という意味でエンブレムの跳ね馬に由来しているという。

 来年からの生産が予定されるタイカンは、600psを超えるシステム最高出力を誇り、0→100km/h加速は3.5秒以下、0→200km/h加速は12秒以下という。それでいて航続距離は500km(NEDC=新欧州ドライビングサイクル)に達するという。

 ポルシェは今後2022年に向けて60億ユーロ(約7700億円)を超える電動化車両への投資を計画しており、生産の行われるツッフェンハウゼンでは工場が急ピッチで建設中という。日本への導入は2020年が予定されている。800Vもの急速充電についても導入が期待される。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る