AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/08
  • AnimeandManga編集部

バイク雑誌ライターのマン島ほのぼの旅日記#2「マン島TTだけが名物じゃありません!?」

Pre-TTのチャンピオンメダルに世界のメディアが注目⁉︎

バイクで有名な島だからか、風見鶏がまさかのバイクだったりするところにびっくり! でも、なんとなく納得させられてしまうというか、やっぱりバイクの島なんだなぁと再確認させられた気分です。
REPORT●大家伝(OYA Den)

 マン島ってどうしても「TT(Tourist Trophy)」のイメージが強いですよね。それは自分でもそう思うし、実際にTTウィークに照準を合わせてこの島に来島する旅行者が増えることからも納得です。折りしも今年のTTでは、無限チームが電動クラスのTT Zeroで1位&3位となり、その話題は日本にもニュースとして届いていることでしょう。

 そんなTTは112年目というとても歴史ある公道レースです。世界選手権ではなくなった現在でもワークスチームや一線級のスターライダーたちがこぞって参加している現実で、その人気の高さがうかがい知れるというものです。
 ただ日本ではほとんど知られていませんが、マン島で行なわれる公道レースはTTだけではないんです。その一つに「SOUTHERN100(通称S100、以下S100で表記)」があり、その前哨戦といえる「Pre-TTクラシックロードレース(通称Pre-TT、以下Pre-TTで表記)」をちょっと見学しに行ってきました。

 Pre-TTはキャッスルタウンという南端の町の主要道路を、時間で区切って封鎖した、一周約6.8kmの市街地コースを利用して開催されます。そう、このレースも公道を使って競うんです。
 そして地元や欧州方面のメディアから俄然注目を浴びていたのが、日本人ジュエリーデザイナーの手がけたチャンピオンメダルが賞典として用意されていたことです。これ、ちょっと凄いことだと思います!
 そんなこんなで、早くもマン島らしく(?)公道レースを直に観戦して大興奮の筆者です。
 ……というところで、今回はここまでです!




▲左写真の中央、右写真の左端が日本人ジュエリーデザイナーの早乙女夏樹さん。詳しい話は聞くことができなかったけど、早乙女さんは本業のジュエリーデザインのほかに原宿でルッソカフェというバイカーズカフェを営んでいるそうです。



▲TTウィークが始まってからというもの、移動はもっぱらバスを利用しています(写真左)。メルセデス製で、フロントのエンブレムを見る度「おおー!」と心の中で叫んでいるのはここだけの話。そんな移動の最中にカブのカスタム車を発見しました。レッグシールドを取り外すあたりは、日本のカスタムと一緒ですね。


▲なにか通信手段を持たねば不便だったので、携帯電話ショップへ。担当してくれた上に設定まであれこれとやってくれたカワイイ店員さん(写真左)。一番安くて構わなかったので、通話とメール機能だけのいわゆるガラケー(NOKIA製)をゲットしました。

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る