AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/06
  • GENROQ編集部

さらに洗練されたBMW X5の第4世代が登場!

新たなるベンチマークとして

BMW X5
BMWがSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)と位置づけるX5の第4世代が欧州で発表された。現在まで続くプレミアムSUVブームの火付け役とも言えるベンチマークはどのような進化を遂げたのか速報する。

 4代目BMW X5はまずそのサイズが拡大した。全長×全幅×全高は代表的なグレードのxDrive40iで4922×2004×1745mmとなっており、先代と比較して36mm長く、66mm幅広く、19mm高くなった。またホイールベースも42mm延長され2975mmとなっている。
 
 外観はキドニーグリルなどBMWが失ってはいけないモノなどは、これまでの雰囲気を踏襲しつつ、最新のBMWデザイン言語が採用されている。特にリアまわりのデザインはランプ類が立体的な造形になっている。

 おおまかにxラインとMスポーツラインに大別されるがエンジンのラインナップはガソリンで2種、ディーゼルが2種用意される。まずガソリンのトップグレードのxDrive50i(※欧州では導入されず)に463psを発生する4.0ℓV8が、標準グレードのxDrive40iには340psを発生する3.0ℓ直6ターボがそれぞれ搭載される。ディーゼルはMの名が与えられたM50dに400psの、xDrive30dに265psの3.0ℓ直6ディーゼルターボが用意される。

 4代目X5ではオフロードパッケージがオプションで選択可能だ。エアサスや前後アンダーガード、オフロードスペックのディファレンシャルが装備されるという。エアサスは80mm車高を上げることができる。

 インテリアではライブコクピット・プロフェッショナル・ディスプレイが目をひく。メータークラスタは12.3インチディスプレイ化されており、センターにも同様の12.3インチディスプレイが配置される。ヘッドアップディスプレイ(HUD)も先代よりも拡大され、さらに3D化がされているという。
 
 オプションで電動で格納可能な3列目シートも用意される(2018年12月にラインナップ予定)。荷室容量は645ℓから最大で1860ℓまで拡大する。
 
 Bowers & Wilkinsダイアモンド・サラウンド・サウンド・システムや10.2インチモニターを備えるリアシートエンターテイメントシステムもまた2018年12月にラインナップ予定だ。


 先進安全技術も当然進化しており、追従クルーズコントロール(ACC)やレーンキープアシスト、ブラインドスポットなどのドライビング・アシスタント・プロフェッショナルも完備している。特にストップアンドゴーまでカバーするACCは近年必須アイテムになっているので、どの程度の進化があるのか気になるところだ。もちろん自動ブレーキ(AEB)も装備しており、BMW初のステアリング連動型で緊急回避時に必要に応じて車線変更するという。
 
 市場での発売は2018年11月が予定されている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

おすすめのバックナンバー

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る