AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/05
  • GENROQ編集部

トヨタ・スープラのロードスター版 BMW Z4のプロトタイプが公開

いよいよ今年の夏に登場か?

BMW Z4プロトタイプ
BMWが南仏ミラマのテストセンター、アウトドローモ・デ・ミラマでZ4の開発が順調に進んでいることを発表した。公開された写真は偽装されたプロトタイプだが、長いボンネット、短いオーバーハング、ソフトトップを備えた見るからに低重心なシルエットはいかにもスポーティな2シーターロードスターだ。
BMW Z4プロトタイプ

 トヨタ・スープラとプラットフォームを共用し、スープラをクーペとして、Z4をロードスターとして開発しているのは、かねてより話題となっている。実際の開発は日本主導で進んでいるとされていたが、最終段階においては、それぞれが独自の味付けを施しているということを主張している。

 BMWから供給されるエンジンは3種類と噂され、最上位グレードのZ4 M40iはもっともパワフルな3.0ℓ直6ターボを搭載。2.0ℓ4気筒ターボは200psと269psの2種類の出力で、それぞれs20iとs30iというグレード編成になる見込みだ。

 変速機はDCTのみで、MT仕様は用意されない模様。前後重量配分は50:50と理想的な数値になることなどが判明している。なお現時点ではハイブリッドモデルがカタログに載る可能性は低いという。

 トップグレードのM40iは電子制御ダンパー、ローダウンスポーツサス、新開発フロントアクスル、M軽合金ホイール、Mスポーツブレーキ、電子制御デファレンシャルなどでライバルモデルに対して新基準となると謳っている。



 新型Z4の開発の場となったミラマは、ドイツのスポーツカー開発の聖地、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェと同様にスポーツカーを鍛え上げるには最適の場であるとしている。30年以上にわたりBMWの新型車を開発してきたほか、BMWモータースポーツのテストにも使用されており、スラローム、ハンドリング路だけでなく、高速周回路、さらに多彩な路面を備えているという。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る