AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/05
  • GENROQ編集部

アウディがプレミアムなレンタカーをスタート!

乗りたい場所にクルマを持ってきてくれて、返したい場所に引き取りにきてくれる、そんな夢のようなレンタカーサービスをアウディが開始した。しかも距離無制限、満タン返却不要、料金もリーズナブルというのだから、見逃さない手はない。

 アウディが新しいサービス「アウディ オンデマンド」を日本でスタートする。これはひと言でいうとアウディ車のプレミアムなレンタカーだ。利用者は乗りたい車両を選択して利用日時と車両受け取り、引き渡し場所を指定すれば、コンシェルジュが指定した場所にクルマを持ってきてくれて、また使用終了時にはまた指定した場所にクルマを引き取りに来てくれる、というもの。

Q2

 つまり好きな場所で受け取れて、好きな場所で返却できる至れり尽くせりのレンタカーというわけだ。しかもコンシェルジュによるクルマの特徴・機能の説明が行われ、満タン返却不要、距離無制限というのだからまさに自家用車感覚。クルマはA3やQ2などのコンパクト系からA5、Q5、A7などのミドルクラス、さらにQ7やR8スパイダー、S4アバントなど、普段はあまり乗る機会のないプレミアムなモデルまでがズラリと用意されている。純粋な移動目的での使用はもちろんのこと、ちょっと乗ってみたい、という興味本位での試乗も可能なのだ。

TTクーペ

 さらに独自のサービスとして自転車用ルーフラック、ルーフボックス、チャイルドシート、冬季にはスタッドレスタイヤまで無償提供してくれる。ここまで読むと「きっと高いんでしょ」と思ってしまうだろうが、最も安いA1スポーツバックが4時間7200円、1日1万8000円、Q5が4時間1万3200円、1日3万3000円と、クルマとサービスの内容を考えればリーズナブルだと言えるだろう。

R8スパイダー

 このサービスはすでにサンフランシスコ、ミュンヘン、香港、シンガポール、北京、マンチェスターで導入されているもので、東京は7番目の都市となる。クルマを所有せずにレンタカーやカーシェアリングで済ますという人が増えているのは日本に限らず先進国に共通した流れで、自動車メーカーも従来の売るだけの業態からの脱却を模索している。アウディのこのプレミアムなサービスが新たなビジネスとして成長するか、注目したい。

コンシェルジュによる無料車両引き渡し・引き取りサービス
・都内14区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、豊島区、江東区)
・千葉県浦安市の一部ディズニーリゾートエリア

利用料金
車種:4時間/1日
A1 SB 1.0 TFSI sport: 7200円/1万8000円
Q2 1.0 TFSI sport:8400円/2万1000円
A3 SB 1.4 TFSI sport:8400円/2万1000円
S4 Avant:1万4300円/3万8000円
TT coupe 2.0 TFSI Quattro:1万3200円/3万3000円
RS 3 sedan:1万5600円/3万9000円
A5 SB 2.0 TFSI sport:1万2800円/3万2000円
S6 sedan:1万6800円/4万2000円
Q5 2.0 TFSI Quattro:1万3200円/3万3000円
SQ5 :1万6800円/4万2000円
A7 SB(new):2万1200円/5万3000円
Q7 3.0 TFSI Quattro:2万1200円/5万3000円
R8 spyder:5万1200円/12万8000円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る