AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/01
  • CAR STYLING編集部 松永 大演

ピュアスポーツに昇華した二代目スープラ

名車アーカイブ/二代目スープラ-1993年

トヨタ・スープラ3000RZ。異形ヘッドライトを採用。スポーツカーの新たな顔が生まれた。高く大きなリヤウイングは、後続車のパトランプも確認できる。
セリカXXから進化をし続けたスープラ。日本で初代となるスープラ(シリーズ三代目)からハイエンド・スポーツの様相を見せ始めるが、その極致といえるのがこの二代目モデル。全長の短いコンパクトなボディに280psのハイパワーと、その性能は目を見張るものだった。
スープラ3000SZエアロトップ。脱着式ルーフを採用し、オープンエアの爽快さも獲得。

 直列6気筒3000ccエンジンのスポーツモデルがスープラ。この二代目は存在感は大きいが、全長は先代より100mm短く、ホイールベースは2550mmとシリーズ中最も短い。その反面全幅は最も広い1810mmとなっている。

 リトラクタブルヘッドラインプを廃したことも含めて、刷新されたボディは、慣性モーメントを小さく押さえ込むパッケージとなっている。つまりはFRレイアウトの中で、理想のプロポーションを追求した。

SZエアロトップのインテリア。ドライバーを包み込むようなメーターパネルは、ドライバーオリエンテッドを徹底。

 1993年発売当初のトップエンドのエンジンは、2JZ-GTE型の直列6気筒DOHCターボで、最高出力280ps/5600rpm、最大トルク44.0kgm/3600rpmを発揮。発売当初にサーキットで行われたプレス向け試乗会では、その圧倒的なパフォーマンスに驚かされた。さらに広報担当者は、このスープラはサーキットでもタイヤの減り方が早くないと語っており、ボディ剛性も含めた動的サスペンション・ジオメトリーの適正さも印象付けさせたモデルでもあった。

 とはいえ当初のタイヤサイズはF225/50ZR16、R245/50ZR16と現代から見ればかなり小さいサイズとなっている。

参考 5月26日発売 歴代セリカXX/スープラのすべて

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る