AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/01
  • 「東新宿交通取締情報局」

驚愕! 福岡県警の 空飛ぶパトカーは、正真正銘の空飛ぶオービスだった件!【交通取締情報】

高感度カメラで撮った映像を証拠に検挙!

報道記事はこちら!https://www.asahi.com/articles/ASL5S5CHFL5STIPE01V.html?ref=yahoo
今年初頭から各地の高速道路で実施されある程度の効果を上げている、ヘリコプターとパトカーの連携による交通取り締まり。この5月には、福岡県警も同様の取り締まりを開始した。(朝日DIGTAL) が、この取り締り方法にはいくつかの疑問があったというのも事実。そこで、各報道および取材により、真相解明に挑んでみた!

福岡県警のヘリにはFLIRシステムズの高感度カメラが搭載されている。

 現時点で、この取り締まりを実施しているのは、群馬、静岡、愛知、福岡、佐賀等の各県警。ヘリコプターと地上のパトカーが連携して、速度超過やあおり運転、車間距離不保持などを取り締まっている。

 確かに、従来は「点の取り締まり」だったことに比べて「線の取り締まり」ができるようになったという意味では、大幅な取り締まり効率アップにつながるはずだが、実際の取り締まり方法には、いくつかの疑問があったというのも事実だ。

 その疑問点は以下の通り?

1. 交通違反の検挙は原則的に現行犯であるはず。ヘリコプターが現認し、地上のパトカーに通知するまでにその違反行為が終了していたらどうするのか。
2. 空から違反の模様を撮影しているというが、果たして、空からクルマのナンバーを撮影し、違反車両を特定できるものなのか?

 まずは、1に関してだが、福岡県警の場合、撮影した映像を証拠として、パトカーが急行した際に該当車が違反行為を終えていたとしても、問答無用で検挙しているというからオドロキだ。さらに、2に関しても、ヘリコプターに超高感度カメラを搭載し、なんと、空からでもクルマのナンバーを撮影し、違反車両を特定しているらしい。言うまでもないが、まさに、オービスと同じ役目をしているというわけだ(撮影だけではなく、動画で速度を測定することも可能)。

 ただし、いまのところこの方式で取り締まりをしているのは福岡県警だけ。愛知や静岡では、ヘリコプターからの違法行為の認定はしていない。パトカーの現認によって検挙しているわけだ。が、福岡県警方式(空からの撮影動画を正式な証拠とする)が可能なのであれば、いずれは他の県警も同様の取り締まりに移行することは十分、考えられる。

 パトカーの追尾なら後方に注意することである程度回避できるが、空にオービスが浮かんでいるとなると、ドライバーとしては対抗の仕様がない。とりあえずは上空に旋回する怪しいヘリを見つけたら、注意!…としか言いようがありません。

オービスの種類や最新交通取締情報はこちら!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る