AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/31
  • AnimeandManga編集部 山田 俊輔

[遂に詳細公開] 中身もこだわりが満載でした! 新型125ccスクーター「スウィッシュ」/スズキ

なぜ10インチ? 小径タイヤを採用した理由も判明

2017年の東京モーターショーに続き、2018年のモーターサイクルショーでも展示され、市販化されることはまず間違いないとみられていたスズキの125ccスクーター、スウィッシュ。その発売日が6月26日と発表された。「上質なスタンダードスクーター」として開発されたこの新型モデルには、専用設定の駆動系や10インチホイールといった、ならではの特徴が満載であった。

PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

スズキ・SWISH……318,600円(6月26日発売)

スズキ・SWISH LIMITED……340,200円(9月21日発売)



 東京モーターショーで展示されていたスウィシュに対する私の第一印象は、「既存のスズキの125ccクラスのスクーターよりもデザインにこだわっている」であった。
アドレスV125よりも大柄でヤマハ シグナスXに匹敵する車格ながら、足元には12インチではなく小径の10インチホイールが組み込まれている。
 ちょっとアンバランスなような気もするが……。

 5月某日、そのスウィッシュに関するメディア向けの事前発表会が行われ、その疑問に対する答えは明らかとなった。

あえて選択した10インチホイール

スウィッシュの開発陣営。左からエンジン担当の福田善夫さん、開発コンセプト・デザイン担当の守谷安則さん、車体・操安担当の成田洋さん。

 今回のスウィッシュはスズキの従来の125ccの路線とは一線を画し、「上質なスタンダードスクーター」として開発。「軽快に」、「スタイリッシュに」、「便利に」を体現した最新モデルとしており、10インチサイズのホイールはその「軽快に」に欠かせない選択だったのだ。

 アドレス110の14インチは荒れた路面での走破性が高く、アドレス125の12インチ(フロント)は、ゆったりとした乗り味で定評がある。その一方で10インチを採用するアドレスV125/は小回りが利く、気軽に走れると好評だった。
 そこでスウィッシュが選択したのが10インチの足まわりだった。ただし、装着するタイヤには100/90-10(前後)というワイドサイズ(アドレスV125は前90/90-10/後100/90-10)を選択。接地面積を広くとり、ハイト(タイヤ直径)も稼いだことで従来以上の安定感を確保している。マキシス製M6029というタイヤの銘柄も、性能にこだわったチョイスとなっている。

 これに加えて、フロントフォークは、φ33のインナーチューブ(アドレス110はφ26、アドレス125/ V125はφ30)を採用。剛性を高めるとともにオイル量を増やすというメリットも同時に得ている。
アドレスV125で1本式だったリヤショックは2本式に変更。複筒式構造のショックを用いることで、伸び側、厚側ともにしっかりと減衰が効き、しっとりとした乗り心地としている。

タイヤは高性能なスクーターに使用されることの多いマキシス製(M6029)。独自のトレッドパターンはハンドリングの向上と優れたグリップ力を備える。

パワーユニットにもこだわりアリ

バルブのレイアウトを狭角とし、燃焼室をコンパクトに設計。これによって高い圧縮比と優れた吸入効率を両立している。

 スウィッシュに搭載されるエンジンは、定評のあるSEP(スズキエコパフォーマンス)。基本的にはアドレス125と同じものが搭載されている。このエンジンの大きな特徴が、フリクションロスを低減し、リニアなスロットルレスポンスを追求しているという点。
 例えばシリンダーヘッド側は、タンブル流を作るために吸気ポートと排気ポートをバナナポート(曲線状)とする、燃焼室形を最適化するといった施工を行い、燃焼性能を高めている。これに加えて吸気バルブのステムをウエスト化と傘部分に二段面取りを行い、混合気の流れも最適化する。
 シリンダーはスリーブのホーニングを最適化し、ピストンのスカート部にレジンコート処理を行い摺動抵抗の低減を徹底。ピストンスカートは極限まで薄く、ピストンピンも小さくして、軽量化も図られている。

 駆動系の仕様がスウィッシュならではの設定で、アドレス125では1個あたり18gだったウエイトローラーを15gに変更。軽量化したことで、従来よりもよりパワフルな高回転域で変速するようになり、加速力がより高められた。

 同社が行なったスウィッシュ、アドレス125、アドレスV125の3車による加速力の比較テストでは、15mまでは3車ともほぼ同等の出足。しかし、20mあたりからスウィッシュが他を引き離すという結果を得ている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る