AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/31
  • CAR STYLING編集部 松永 大演

インパネを両車で作り分けているのも「あの時代」らしさ 初代ギャランΣ/Λ(ラムダ/シグマ)

名車アーカイブ/初代ギャランΣ/Λ-1976年

ギャランΣ2000GSR(1977)のインパネ周り。スポーティなのに開放感がある。
初代ギャランΣ/Λの登場した1976年は、もはや80年代に向けた新たな時代への挑戦が始まっていた。同級生といえば初代ホンダ・アコードも同じ76年生まれだが、いずれにしても新たなトレンドをどのように捕まえていくのか、その勢いあるトライアルもこの時代の車を魅力的に見せている要因だ。

 開放感あるインテリア。とは現在にもほぼほぼ通じるキーワードになっているはず。この潮流がメインストリームとなってきたのは、おそらく70年代後半からだろう。
 世をあっと驚かせたのは、1972年登場の初代シビックのインパネだが、これはまさに起源であり多くのモデルが追従するにはまだまだ早すぎたともいえた。また、エコノミーカー、ベーシックカーとして経済性を重視する車のものという意識があり、立派さ、豪華さとは別のベクトルを向いていたと捉えられていた。

 そういった意味では、その時代の一般的見識を破ったのが、Σであったと言えるかもしれない。
 低く開放的なインパネが高級セダンにも受け入れられた理由の一つが、省略したものがなかったということだろう。
「割り切って、無くしました」 というやり方であれば、すっきりと広々感は簡単に表現できるが、それではリッチではない。Σは必要なものをちゃんと備えた上で、広さを強調したのだ。

 例えば当時のスポーツカーの流行は7連や8連の多連メーターだ。いろいろなメーターが装備されていることが、メカニカル感を醸し出し、スポーツカーにふさわしいコクピットを演出していた。

1970年発表のギャランGTOのインパネ。極めてスパルタンに感じるのは、その囲まれ感。

 ギャランGTOなどでは、多くのメーターを持つために直立した大きなパネル面を持っていた。それが機能の象徴となったのだ。対するΣは、7連メーターをきっちりと採用した。しかし、それをできるだけ低く細長いパネル内に収納したのだ。
 その理由は、広々感の追求にもあった。メーターパネルを極力細くし、不要な部分は削り取る、機能性と開放感を両立することで、上質で広々感のある新しい上級セダンのインパネを創出することができた。
 三菱はこの後の1978年に初代ミラージュを発表するが、この広々感はここでも表現され、80年代の三菱を象徴するインパネデザインを作り上げたのだ。

(5/31発売 モーターファン別冊 初代ギャランΣ/Λのすべて よりスピンオフ)


自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
etalon.com.ua/fruktovii

https://steroid-pharm.com/clenbuterol2.html

thailand-option.com