AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/23
  • GENROQ編集部

アルカンターラがビジネスクラスのシートに!

シンガポール航空の787-10型機に採用

アルカンターラが表皮のヘッドレスト周辺のパッド
自動車のインテリア素材として有名なアルカンターラが、旅客機のシート素材として採用された。高級仕様として採用されることの多いアルカンターラをどのように活用したのだろうか?

 アルカンターラをシート表皮に採用したのはシンガポール航空。787-10型機のビジネスクラスのシートに採用した。787-10型機はボーイング社のドリームライナー・シリーズの最新モデルである。素材本来の柔らかさもあるが、電気融着されたヘッドレスト周辺のひし形パターンのパッドは、立体効果で素材の柔らかさがさらに強調されるという。なおシートのバックレストや座面はレザー製となる。
 
 高級車の世界では上質な触感のみならず、グリップ性、軽量性などで高い評価を得ているアルカンターラだが、航空機産業においてもその存在感を示している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る