AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/22
  • GENROQ編集部

世界初の市販電気自動車ワンメイクレース車両Jaguar I-PACE eTROPHYレースカーがデビュー!

フォーミュラE CEOが華麗なデモ走行を披露

2018年末に開催される世界初の量産EVワンメイクレースシリーズ「Jaguar I-PACE eTROPHY」のレースカーが初披露された。
PHOTO◎Jaguar Land Rover Limited

 2018年末に開幕する世界初の市販車ベースの電気自動車ワインメイクレースシリーズ「Jaguar I-PACE eTROPHY」のレースカーが初公開された。I-PACEレースカーはジャガー・ランドローバーのビスポーク部門SVO(スペシャルビークルオペレーションズ)がエンジニアと製造を担当している。

 披露の場となったのはフォーミュラE選手権・第9戦ベルリン・グランプリのコースである、テンペルホーフ空港跡地のサーキット。ステアリングを握ったのはフォーミュラE選手権の創立者でCEOのアレハンドロ・アガグ氏で、華麗なデモンストレーション走行をみせてくれた。

ダイナミックな走りを披露したアレハンドロ・アガグCEO。

 アガグ氏は「I-PACE eTROPHYのレースカーは大変素晴らしい乗り心地でした。見た目はプロダクション・モデルですが、パフォーマンスはレーシングカーそのものです」とクルマのポテンシャルを絶賛。
 
 またジャガー・レーシングのチェアマンであるガード・マウザー氏は「SVOチームがこれまで尽力してきた成果をお見せすることができ、ジャガー・レーシングにとってもエキサイティングな1日となりました。フォーミュラEを通じて学んできたことや知識は、すでに将来のロードカー開発に反映させており、I-PACE eTROPHYも同様に、研究開発をより加速させるものになると確信しています」と力強いコメントを残している。

フォーミュラEとI-PACE eTROPHYレースカー。

 2018年末から開幕するJaguar I-PACE eTROPHYは、最大20台のI-PACEレースカーがエントリーし、香港やローマ、パリ、ニューヨークなどの大都市の中心地を舞台にレースが繰り広げられる予定。今から楽しみだ!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る