AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/18
  • AnimeandManga illustrated編集部

スバルの新型フォレスター e-BOXER、進化のポイントは? コンベの2.5ℓBOXERとどっちを選ぶ?

高速・郊外走行メインならコンベの2.5ℓ、市街地ならe-BOXERで走りも燃費も狙える

新型フォレスター Advance  e-BOXER搭載モデルだ
先行予約がスタートした新型フォレスター。パワートレーンは、2.5ℓ水平対向4気筒直噴エンジン(FB25DI)+リニアトロニックと、2.0ℓ水平対向4気筒直噴エンジン(FB20DI)+リニアトロニックとモーターの2種類をラインアップする。注目は後者だ。水平対向エンジンと電動技術の組み合わせを「e-BOXER」と名付けたわけだが、その中身はどうなっているのか?

使うモーターは先代XV HYBRIDからキャリーボーバーだが、電池はリチウムイオン電池に

 新型フォレスターが搭載する「e-BOXER」は、スバルの水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたパワートレーンの総称となったようだが、4月に行われた北京モーターショーでは、「INTELLIGENT BOXER」と呼ばれていた。中国(あるいは海外)と国内で呼称が異なるのだろうが、技術の中身は同じだと考えるのが自然だ。

 結論から言えば、e-BOXERは、先代XVハイブリッドが積んでいたパワートレーンの改良版だ。

 改良点を見ていこう。
 まずは、エンジンだ。
 先代XV HYBRIDのエンジンは、FB20型2.0ℓ水平対向4気筒直噴エンジンのPFI(ポート噴射)仕様であるのに対して新型はFB20型2.0ℓ水平対向4気筒直噴エンジンのDI(直噴)仕様となった。
ただし、パワースペックは、先代はコンベとHYBRIDで違いはなく(圧縮比が若干違う)最高出力:110kW(150ps)/6000rpm 最大トルク:196Nm/4200rpmだったのに対して、新型は最高出力:107kW(145ps)/6000rpm 最大トルク:188Nm/4000rpm。先代に対して出力を抑えている。ちなみに、コンベのFB20DI(XVが搭載)のスペックは113kW(154ps)/196Nmだから、パワーで9ps、トルクで8Nm出力を抑えている。これはモーターとの組み合わせ、SUVとしてのドライバビリティを考えて結果なのだろう。

先代XVハイブリッドが搭載していたニッケル水素電池。新型はリチウムイオン電池になった。

 次はバッテリーだ
先代XV HYBRIDは、「ニッケル水素電池 個数:21個 接続方式:直列 容量:5.5Ah」だった。
新型フォレスターのe-BOXERは「リチウムイオン電池 個数:32個 接続方式:直列 容量:4.8Ah」へ変更になっている。ニッケル水素電池からリチウムイオン電池の変更は、当然の進化だろう。

先代XV HYBRIDが搭載していたリニアトロニックHYBRID。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る