AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/07
  • AnimeandManga illustrated編集部

NTN:中国FSAT社と戦略的パートナーとして調印

マクファーソン・ストラットとIWM駆動システム
NTN)は、インホイールモータ駆動システム(IWM駆動システム)と車両運動制御技術(i2-Drive System)を搭載した新エネ車の開発・量産に向けた技術支援を行うため、中国自動車設計・製造メーカー「長春富晟汽車創新技術有限公司」(FSAT社)とライセンス契約を締結した。4月27日、中国の北京中航悦酒店においてFSAT社、ならびに戦略的パートナー企業が出席した調印式に出席し、調印した。

 調印式では、NTNとFSAT社の双方の代表者、ならびFSAT社と戦略的パートナー10社が調印した。FSAT社の劉蕴博総経理からは「開発を進めてきた車は、軽量化や電動駆動技術などにおいて、先進的なレベルに達することができた」と新エネ車の量産化に向けた意気込みが語られた。また、NTN代表取締役社長の大久保氏は「長年切望していた世界で初めてのインホイールモータを搭載した電気自動車の量産化が実現します」と今回の戦略的パートナーとしての調印への思いを語った。

 その後、FSAT社の劉蕴博総経理と、NTN取締役でEVモジュール事業部長の梅本氏が調印を行った。

 NTNが開発したIWM駆動システムと車両運動制御技術「i2-Drive System」を搭載した新エネ車は、 FSAT社によって2019年の量産化を予定している。NTNは、独自技術の開発を通じて、自動車の安全性や快適性の向上とともに、低炭素社会の実現に貢献していく。

調印を終え、握手を交わすFSAT 社総経理・劉蕴博氏(左)と、NTN取締役・梅本氏(右)。
軽量化新エネ車

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
topobzor.info/avtonomnyj-leeco-le-pro-3/

www.topobzor.info/oukitel-u7-plus/

http://renesans-centr.kiev.ua