AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/11
  • AnimeandManga編集部 大橋 俊哉

三菱『歴代デリカのすべて 連載第2回』スター誕生……二代目デリカの躍進

50周年記念・三菱デリカの歴史を振り返る!

デリカスターワゴン4WD 2.3Lディーゼルターボ(1985)
誕生50周年を迎えた三菱デリカの五世代50年の歴史を振る連載企画の第2回は、このモデルから「スターワゴン」を名乗り、レジャービークル色を濃くし、独自の存在感を高めていくことになる二代目だ。

初のフルモデルチェンジでワゴンはみんなのスターに

デリカスターワゴン(1979)

 三菱デリカは1979年6月にフルモデルチェンジ。当時のデザイン潮流に合わせ、これまでの丸みを帯びた柔らかなラインからボクシーなスタイルへと変貌を遂げた。同時にボディ全幅を小型車枠いっぱいの1690mm(バン/ワゴン)まで拡大(トラックは1695mm)。優れた居住性と広い荷室を両立。トラックとバンは従来どおりながら、「コーチ」に代わり新たに「ワゴン」を設定し、「スターワゴン」を名乗る。ワゴンはG32B型 1.6L直列4気筒OHCのサターンエンジン(86ps)を搭載し、5速MTも設定された。バンにはこのG32Bエンジンと4G33型 1.4L(82ps)をグレード別に用意し、トラックは後者のエンジンのみという設定だった。

デリカバン(1979)
デリカトラック(1979)

レジャービークル「スターワゴン」誕生

インパネデザインは直線基調(デリカスターワゴン/1979)
3名×3名の9名乗車(デリカスターワゴン/1979)

ストライプが入るシートデザイン(デリカスターワゴン/1979)
2列目左端のシートは補助席的な形状(デリカスターワゴン/1979)

デリカスターワゴンハイルーフ(1980)

 デリカ「スターワゴン」は1975年に廃止された初代デリカ「コーチ」に続く9名乗車の乗用モデルとして登場。MCA-JETサターン80エンジンで53年排出ガス規制をクリア。「1600XL-5」グレードはクラス初となる5速MTを採用したほか、2-3列目シートにフルリクライニング機構も備えるなど豪華仕様となっている。

 80年5月には新開発のシリウス80エンジン(G62B型 1.8L直列4気筒OHC)を搭載したハイルーフ車を追加。

 81年9月にはAT仕様を追加。さらにパワーステアリングを装着したほか、回転対座シートにマルチサウンドコンポを採用し、よりレジャービークルとしての使い勝手や装備を充実させる。

デリカスターワゴンハイルーフ(1981)
デリカスターワゴンハイルーフ(1981)

回転対座シート(デリカスターワゴン/1981)

日本初の4WDキャブオーバーワゴン誕生

ガードバーを装備するなどオフロード色を強めたスタイル(デリカスターワゴン4WD/1982)

 1982年はデリカスターワゴンの一大転機となる。というのも、82年のマイナーチェンジで、デリカスターワゴンは小型キャブオーバー車では初となる4WDを設定したのだ。三菱自動車はジープのライセンス生産(三菱ジープ)や、ピックアップトラックの「フォルテ」4WD(80年)でFRベースの4WDシステムを習得しており、この年はフォルテ4WDをベースにしたマルチパーパス車「パジェロ」もデビュー。デリカスターワゴンの4WD車追加と合わせて、後の「SUVの三菱」のイメージを築き上げる重要な年となった。

サイドデカールや「4WD」ロゴ入りマッドフラップを装着(デリカスターワゴン4WD/1982)

形状はそのままにメーターなどのデザインを変更(デリカスターワゴン4WD/1982)

 このマイナーチェンジでは4WD車の追加のほか、ディーゼルエンジン車とロングボディ車の追加も大きなトピックとなった。内外装も刷新され、4WD車はフロントのグリルガードや4WDステッカー、ヘビーデューティなホイールデザイン、オプションには電動ウインチを用意するなどオフロード色を強める。その一方で、内装はより乗用車らしい質感で誂えられた。

 4WD車とディーゼルエンジン車の投入は、80年代に入りますます多様化するレジャー需要に対し、レクリエーショナル・ビークル(RV)としてデリカの個性を強調し、販売台数、シェアを順調に伸ばしていく強力な武器となったと言えるだろう。

落ち着いたカラーを採用したインテリア(デリカスターワゴン4WD/1982)
2列目左端のシート形状を改善(デリカスターワゴン4WD/1982)

4WDシステムは「パジェロ」と同じ!

初代パジェロ(キャンバストップ)
初代パジェロ(キャンバストップ)

 三菱の4WD車のイメージリーダーとも言えるパジェロは1982年4月のデビュー。対してデリカスターワゴン4WDは同年10月に追加されており、ほぼ同期。どちらも4WDシステムは三菱が北米を中心とした海外市場向けに生産していたピックアップトラック「フォルテ」に搭載されたモノをベースにしている。言うなればフォルテ4WDのSUV版が初代パジェロであり、ワンボックス版がデリカスターワゴン4WDといったところだろうか。

 この4WDシステムはハイ/ローレンジの切り換えができるトランスファーを備えたパートタイム式で、2WD時はプロペラシャフトを介して後輪を駆動とするFRベースのもの。4WD時の前輪への駆動力はギヤに比べ軸間距離の設定自由度が高く静粛性にも優れるサイレントチェーンを採用。2WDと4WDの切り換えはスライド式シフトフォークを採用することで高い操作性も実現している。ケース類はすべてアルミニウム鋳物を使用して軽量化を図るとともに、補強リブを適切に配置することで十分な耐久強度を確保した。

 さらにオプションでオートマチックフリーホイールハブ機構も用意されている。フリーホイールハブは、2WD時に前輪とドライブシャフトを切り離して動力ロスや騒音を防ぐシステムだが、このロックとフリーを自動で行なえるオートマチック機構を組み込んでいるのがポイントだ。

 信頼性が高く、悪路走破性に優れるこの4WDシステムは二代目のスターワゴンのみならず三代目にも継承され、スターワゴンの4WDイメージを一層強固なものにした。

4WDシステムはFRベースのパートタイム式
サイレントチェーン式トランスファー

ディーゼルターボと特別仕様車の投入

デリカスターワゴン4WD(1984)

 1982年10月の4WD車追加に続き、翌83年11月には4WD車に2.0Lのシリウスエンジンを搭載(G63型 直列4気筒OHC)。高度計と傾斜計の2連メーターも追加されたのは、デリカスターワゴンがオフロード走行やアウトドアレジャーにおいてユーザーの厚い支持を得ていたからだろう。

 84年2月には4D55型 2.3L直列4気筒OHCディーゼルターボを搭載。91.0mm×90.0mmのボア×ストロークから84ps/4000rpmの最高出力と17.8kgm/2000rpmの最大トルクを発揮した。
 85年2月にはフロントガーニッシュの変更など内外装を充実。同年10月には、スキー仕様の特別仕様車「シャモニー」をデリカシリーズで初めて用意した。「シャモニー」はこれ以降、デリカシリーズの定番特別仕様車として代々ラインナップされていくことになる。また、「シャモニー」以外にも特定レジャー特化型の特別仕様車が用意されるのが、デリカシリーズの伝統となっている。

デリカスターワゴン4WD 2.3Lディーゼルターボ(1985)
ダッシュボードに2連メーターを追加。助手席側には姿勢保持用のハンドルも装備する(デリカスターワゴン4WD 2.3Lディーゼルターボ/1985)
インテリアカラーを変更するとともにシートの質感アップ。レッド系の内装色で高級感を演出するのは80年代の流行(デリカスターワゴン/1985)
2列目シートも形状を変更し、補助席的シートがなくなった(デリカスターワゴン/1985)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る